私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Sleeping Gypsy/Michael Franks | トップページ | Tiger In The Rain/Michael Franks »

2016/01/07

Burchfield Nines/Michael Franks

Michaelburchfield
マイケル・フランクスのリーダー作過去盤聴き3日目。以前のクルセイダーズ主体のバックから一転、今回はスティーヴ・ガッド、ウィル・リーなど、ニューヨークのスタジオ・ミュージシャンで固められています。とは言うものの、まだ時代のせいか、彼の個性のせいか、ちょっとリズムはルーズな感じで、それがまたいいと思いますけれども。当時の邦題というのも、洋題とは関係ないところでついてますが、LP時代はそういうことが多く、むしろ邦題の方で認識していた部分も、自分はあります。やはり個々の曲は印象的ではあるんだけど、個人的な入れ込みの濃淡か、自分の中では前作までの2枚が人生に影響したアルバムってことになってます。


Burchfield Nines/Michael Franks(Vo)(Warner Bros) - Released 1978. Steve Gadd(Ds), Will Lee(B), Ralph MacDonald(Per), Leon Pendarvis(Key), John Tropea(G), Oscar Brashear(Tp), Bud Shank(Sax), Ernie Watts(Sax) - 1. When The Cookie Jar Is Empty 2. A Robinsong 3. Wrestle A Live Nude Girl 4. Burchfield Nines 5. Meet Me In The Deerpark 6. Dear Little Nightingale 7. In Serch Of The Perfect Shampoo 8. Vivaldi's Song

邦題は「シティ・エレガンス」。全曲マイケル・フランクスの作曲。今回はニューヨーク系のトップ・スタジオミュージシャンがバックで、いくぶん洗練されたサウンド。リズムはややルーズですが、けっこう渋いバッキングやソロがあります。静かな曲も多く、Warnerの1-2枚目ほど印象に残る曲が少ないかも。それでも2曲目のように4ビートの部分もあってジャジーな雰囲気もけっこう出ている曲もあり、1曲目をはじめ、メロディアスな曲も多いです。ヘタウマな歌なんだけど引き込まれる3曲目、静かに囁くように進んでいくバラードのタイトル曲の4曲目、ボッサタッチの軽めな雰囲気の5曲目、8分の6拍子でゆったりとした明るめの6曲目、不思議なメロディ進行を持つゆったり目の7曲目、哀愁と静けさに満ちた短調のボッサの8曲目。

« Sleeping Gypsy/Michael Franks | トップページ | Tiger In The Rain/Michael Franks »

ロック・ポップス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/62968661

この記事へのトラックバック一覧です: Burchfield Nines/Michael Franks:

« Sleeping Gypsy/Michael Franks | トップページ | Tiger In The Rain/Michael Franks »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト