私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 「ブルージャイアント 第7巻」を読んだ | トップページ | Blue Matter/John Scofield »

2015/12/04

インサイド・ザ・ブレイン・オブ・ジ・エリプティック/クリント・ヒューストン

Clintinside
旧譜の国内廉価盤が届いたので早速聴きました。世界初CD化とのことで、特にCDが出てくる’82年前後のあたり、まだまだCD化されてないアルバムって多いような気がします。ただ、目が覚めるような注目盤が出てくる可能性はもうあまり高くなく、このアルバムのようにちょっと地味な気もするけど、それでも追いかけている人やこっち方面が好きな人には、買う価値のある(廉価盤だしね)アルバムとか、マニアックなものが多くなってくるような気がします。6曲目だけいきなりフリー色が強くてびっくりしたけど、あとは2曲目が毛色が違うほかは、ラテン系のオリジナルを演奏しているし。とまあ、自分もマニアックなのかな、と思ってもみたり。


インサイド・ザ・ブレイン・オブ・ジ・エリプティック/クリント・ヒューストン(B)(Timeless)
Inside The Plain Of The Elliptic/Clint Houston(B)(Timeless) - Recorded April 18 and 19, 1979. Joanne Brackeen(P), Ryo Kawasaki(G), Rubens Bassini(Conga, Per) - 1.Geri 2. You Are Like The Sunlight 3. Goodbye Mr. P 4. Letitia 5. Inside The Plain Of The Elliptic 6. Black Thing

世界初CD化。2曲目のみ川崎燎の作曲、他は全曲クリント・ヒューストンの作曲。いろいろな曲があるけれど(ややラテン系に振れているか)、ジョアン・ブラッキーンの参加がうれしいところ。ベースのソロも随所に入っています。ラテン的なリズムで、軽快なメロディで突き進む、ベース・ソロもなかなかいい、ラテン系なのにパーカッションのいない1曲目、ベースのアルコ奏法がテーマで目立つエキゾチックなバラードで、今度はピアノレスのしっとりとした2曲目、明るくてほのぼのとした、コンガの味が聴いている素朴っぽい3曲目、明るいラテンが印象に残る、ちょっと速いペースの4曲目、やはりラテンのリズムで軽快に進んでいく印象のあるタイトル曲の5曲目、この曲のみフリー的な展開と速い4ビートが面白く思える6曲目。(15年12月2日発売)

« 「ブルージャイアント 第7巻」を読んだ | トップページ | Blue Matter/John Scofield »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/62804108

この記事へのトラックバック一覧です: インサイド・ザ・ブレイン・オブ・ジ・エリプティック/クリント・ヒューストン:

« 「ブルージャイアント 第7巻」を読んだ | トップページ | Blue Matter/John Scofield »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト