私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Blue Matter/John Scofield | トップページ | Loud Jazz/John Scofield »

2015/12/06

Pick Hits/John Scofield

Johnpickhits
デニス・チェンバースの参加作聴き2日目で、今日もジョン・スコフィールドのアルバムです。このアルバムは当初出たCD1枚のものではなく、その後’96年に出たCD2枚組のライヴ完全盤です。ただ、曲順は1枚目は前と同じで、2枚目に未収録曲を3曲追加したとのこと。2枚目が、やっぱりCD1枚に収まりきらなかったということで、ライヴならではの曲が長いとか、ドラムソロが長いとか、ありますけど、こういう音源を聴けてうれしいですね。個人的には歴史に残るライヴなんじゃないかと思いますけど、大げさでしょうか。こういう時代にリアルタイムで接することができて、幸せなんだと思いますが、どうせなら、ライヴに行きたかったですね。これでホームページの過去盤コメント手直しも、重複を重複のまま数えてあと871枚。何とか自分が還暦になるあと5-6年のうちに直せるかな?


Pick Hits/John Scofield(G)(Gramavision) - Recorded October 7, 1987. Dennis Chambers(Ds), Gary Grainger(B), Robert Aries(Key) - 1. Picks And Pans 2. Pick Hits 3. Heaven Hill 4. Protocol 5. Blue Matter 6. Thanks Again 7. Trim 8. Georgia On My Mind 9. Make Me 10. Still Warm 11. The Nag 12. So You Say

8曲目を除き、全曲ジョン・スコフィールドの作曲。’96年発売の「ピック・ヒッツ」の完全盤(2枚組)で、東京でのライヴです。当初のアルバム未収録の3曲(CD2枚目)が完全盤で加わりました。その3曲はそれぞれ11分、21分、9分と長尺。デニス・チェンバースの16分音符バスドラが延々と続く曲があったり、とにかくノリにのっている東京でのライヴ・アルバム。ジョン・スコフィールドでは一番過激なアルバムかも。「Blue Matter」から8曲中6曲再演されているあたり、そのアルバムのツアーと言えないこともないです。タイトル曲の2曲目は、どっしりとした重量級ファンクで、かつ不思議な浮遊感もあります。7、11曲目はライヴで迫力を増しての再演で、特に11曲目は延々続きます。既成曲の8曲目はホッとするバラードです。

« Blue Matter/John Scofield | トップページ | Loud Jazz/John Scofield »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/62812688

この記事へのトラックバック一覧です: Pick Hits/John Scofield:

« Blue Matter/John Scofield | トップページ | Loud Jazz/John Scofield »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト