私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« The Chick Corea Elektric Band | トップページ | Black Water/The Zawinul Syndicate »

2015/11/09

The Immigrants/The Zawinul Syndicate

Zawinulimmi
スコット・ヘンダーソンの参加作2日目。チック・コリア・エレクトリック・バンドを辞めたと思ったら、自身の活動もしながら、ザヴィヌル・シンジケートに参加しています。しかもアルバム2枚に参加しているので、ある程度の長い期間はグループに入っていたのでしょう。あまりギターの露出度はないような気もしますが、この後、自身のバンドであるトライバル・テックの方に、ここでのサウンドの影響がけっこう色濃く出てくる曲もあったりと、ザヴィヌルとの親交はかなり親密だったものと予想されます。自分自身、ウェザー・リポートはジャコ・パストリアスが登場した以降が好きで、このあたりの時期もまだ好き、を引きずっていました。


The Immigrants/The Zawinul Syndicate(Sony) - Released 1988. Joe Zawinul(Key, Vo), Scott Henderson(G), Abraham Laboriel(B), Alex Acuna(Ds, Per, Vo), Cornell Rochester(Ds), Rudy Regalado(Per), Richard Page(Vo), Perei(Vo), Rudy Regalado(Vo), Yari More(vo) - 1. March Of The Lost Chirdren 2. Criollo 3. Shadow And Light 4. King Hip 5. No Mercy For Me (Mercy, Mercy, Mercy) 6. The Devil Never Sleeps 7. You Understand 8. From Venice To Vienna

全曲ジョー・ザビヌルの作曲。彼のバンドとしては、ワールドワイドなサウンドで良いアルバムだとは思いますが、スコット・ヘンダーソンのギターは通常のリード・ギターとしては少し露出度は控えめかも。考えてみれば、ベースもラボリエルだし、すごいメンバー。1曲目からウェザー・リポートの延長にあるようなサウンドでせまってきます。アフリカ風なヴォーカル曲で、牧歌的で明るい面を持つ2曲目、ザヴィヌル風なゆったりとしたバラードのこれまたヴォーカル曲の3曲目、エスノ風ファンクの4曲目、名曲「マーシー・マーシー・マーシー」のヴォーカル入りの5曲目、コーラスも入ったリズミカルで明るいアフリカ風ファンクの6曲目、 ボコーダー風の声が入ったバラードの7曲目、少し浮遊感もあって旅行の雄大さも感じさせる8曲目。

« The Chick Corea Elektric Band | トップページ | Black Water/The Zawinul Syndicate »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/62644169

この記事へのトラックバック一覧です: The Immigrants/The Zawinul Syndicate:

« The Chick Corea Elektric Band | トップページ | Black Water/The Zawinul Syndicate »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト