私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Amorphae/Ben Monder | トップページ | Tore Down House/Scott Henderson »

2015/11/05

Dog Party/Scott Henderson

Scottdog
スコット・ヘンダーソンでまだコメント手直ししていないアルバムが、リーダー作で2枚あります。2枚ともブルースアルバムなので、慣れないジャンルでもあり、コメントがグダグダになってしまいました(笑)。ただ演奏としてはけっこういいと思います。それにしても初ソロ・アルバムだと思いますが、トライバル・テックの4人中3人が参加して、ベースのゲイリー・ウィリスだけが抜けているのに、全く違うサウンドに仕上がっているのは、どういうわけでしょう。それだけ個々の幅が広いということなんだけど、このアルバムをもうだいぶ昔、買ったときにもそう言えば面食らった覚えがありました。当時はこういうアルバムも国内盤化されていたんですね。いい時代でした。


Dog Party/Scott Henderson(G)(Mesa) - Recorded February 1994. Kirk Convington(Ds, Vo), Richard Ruse(B), Pat O'brien(Harmonica), Scott Kinsey(Key), Stan Martin(Tp), Mike Whitman(Sax), Erin Mcguire(Vo on 4), Linda "Zig" Zegarelli(Harmonica on 4), Willie "Scrub" Scoggins(G on 10), Steve "Huey Thibideau" Trovato(G on 10), Keith "Mr. Big D" Watt(G on 10), T.J. "Moose" Helmerich(G on 10) - 1. Hole Diggin' 2. Fence Climbin' Blues 3. Dog Party 4. Same As You 5. Milk Bone 6. Hell Bent Pup 7. Hound Dog 8. Dog Walk 9. Smelly Ol' Dog Blues 10. Too Many Gittars

スコット・ヘンダーソンがブルースに挑戦したアルバムで、いつもの彼とは違い、完全にブルース。これは、ロックというかブルースのアルバムとして、聴くべき。テンポの速いもの、割とゆったりしたもの、少し現代的なものや懐かしい感じのものなど、サウンドもいろいろな曲が混ざっていて飽きませんけど、ヴォーカルの曲も多めだし、完全にブルースになっているところが、彼の元から持っているサウンドなのか、心変わりしたものなのか。ただ、曲やフレーズから骨の髄までブルースに染み込んでいる感じなので、 ソロ・アルバムではこれをやりたかったことがうかがえます。7曲目を除き彼のオリジナル。他人の曲もサウンドが同じ雰囲気。10曲目は5人のギタリストのソロ合戦。まあ、気にせずに楽しめればいいのではないかと。

« Amorphae/Ben Monder | トップページ | Tore Down House/Scott Henderson »

ロック・ポップス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

私もリアルタイムでこのアルバムを買いましたが、当時かなりの違和感を感じてしまい、しばらく放置していました。
最近になって聴き直したりしていますが、やはりハードフュージョン系のプレイのほうが好みであることには変わりありません。

というわけでTBお送りいたしました。

>奇天烈音楽士さん

TBどうもありがとうございます。

やはりロック寄りとはいえ、本格的なブルースだと自分も守備範囲ではないため戸惑ってしまいました。ただ、ギターはけっこう上手いなあ、との印象が残っていますけれども。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/62618045

この記事へのトラックバック一覧です: Dog Party/Scott Henderson:

» SCOTT HENDERSON / DOG PARTY(1994年) [奇天烈音楽館 Strange Kind of Music]
Musician●Scott Henderson(guitar)Title●Dog Party(1994年)■ディスクユニオンで購入Scott Henderson(guitar)がGary Williisとの双頭バンド「Tribal Tech」で活動していた頃、初めて自身名義でリ [続きを読む]

« Amorphae/Ben Monder | トップページ | Tore Down House/Scott Henderson »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト