私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Getting Even/Dennis Chambers | トップページ | Ballads 2/Richie Beirach »

2015/11/22

Ballads/Richie Beirach

Richieballads
ちょっと予定を変更して、リッチー・バイラークの最近再発されたアルバムを中心に3枚ほど聴いていこうと思っています。再発廉価盤は11月発売ですが、私の持っているのは’86年ごろに発売されたもの。当時のCDは3,200円から3,500円ほどしていた(消費税のなかった時代です)ので、1,080円で買える今のうちに買っておいた方がいいかもです。当時のSonyはいち早くLPとの併売をやめて、CDだけの販売になっていたおかげで、この時代でも57分ほどの収録時間になっています。昔のコメントではリリカルなピアノ、という書き方になっていたのですが、今聴くと彼のピアノはもっと幅広く、バラードの域を超えて激しい部分もあったことが分かりました。


Ballads/Richie Beirach(P)(Sony) - Recorded March 16 and 17, 1986. - 1. Elm 2. My Foolish Heart 3. Infant Eyes 4. Blood Count 5. Nightlake 6. On Green Dolphin Street 7. Naima 8. Small World 9. Leaving 10. Over the Rainbow 11. You Don't Know What Love Is 12. Sunday Song

ソロ・ピアノのアルバム。ソロ・ピアノでは個人的には当時のSonyの3作品が一番気に入っています。特にこれと「2」は、全曲バラード。ジャズ・ピアニストらしいフレーズを一部と、そうでないフレーズを使い分けています。リッチー・バイラーク作は1、5、9、12曲目で、彼のおなじみの曲が多いです。他はスタンダードやジャズメン・オリジナルで、ウェイン・ショーターやジョン・コルトレーンの曲もさりげなく取り入れて演奏しているところも彼らしい。6、11曲目はちょっとはみ出ているような、他でも力強かったり硬派なバラードの部分も一部にあるのですが、総じて美しい感じはします。じっくり聴いてもいいし、何かをしながら、さりげなくそこにある音、という聴き方もいい感じ。バラードの中で変化に富んでいて幅広く、飽きさせません。

« Getting Even/Dennis Chambers | トップページ | Ballads 2/Richie Beirach »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

Kudoさんも、このシリーズお気に入りのようですね。
私もこれはリマスターで音も良くなっていて大歓迎です(笑)。
特にRichie Beirachの私の手元に欠になっていた「Ballads Ⅱ」が手に入れられてご機嫌でした。

>風呂井戸さん

TBどうもありがとうございます。

ひゃあ、リマスターだったんですか。今回の再発廉価盤、値段も値段だし、もう1枚持っていても損はないかなあと(笑)。けっこうお気に入りのシリーズなものですから。久しぶりに聴いて、やっぱりいいアルバムだなあ、と思いましたです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/62724956

この記事へのトラックバック一覧です: Ballads/Richie Beirach:

» 企画ものの恩恵 :リッチー・バイラーク Richie Beirach 「BALLADS Ⅱ」 [灰とダイアモンドと月の裏側の世界]
歓迎: プライスダウン、デジタルリマスター で登場       <Jazz>   [続きを読む]

« Getting Even/Dennis Chambers | トップページ | Ballads 2/Richie Beirach »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト