私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Morton Feldman/Erik Satie/John Cage/Rothko Chapel | トップページ | Erkki-Sven Tuur/Brett Dean/Gesualdo »

2015/10/24

Giya Kancheli/Chiaroscuro

2442
ECM New Series新譜聴き3日目。(結局こういう書き出しになってしまう。)今日はギヤ・カンチェーリの新作です。難解というイメージはないんだけど、ダークな蒼い色彩のようなサウンドで、静かな場面がずーっと続くかと思えば、時にドカンドカンと大きい音が鳴り響く、そんな印象です。やっぱり内向的な感じもあります。ECMでは何枚もアルバムが出ていて、やはり、ECMにはなくてはならない現代音楽家だと思います。気になるのが作曲家も多くが高齢化が進んでいること。世代交代もしていかないと、ECMはマンフレート・アイヒャー1代で尻すぼみになってしまうことを危惧してます。それでも十分なアルバムリリース数ですけれども。


Giya Kancheli/Chiaroscuro(ECM New Series 2442)(輸入盤) - Recorded December 2014. Gidon Kremer(Vln), Patricia Kopatchinkaja(Vln), Kremerata Baltica - 1. Chiaroscuro 2. Twilight

(15/10/23)Giya Kancheliはベルギー在住のグルジア人現代音楽家。’10年作の1曲目はギドン・クレーメルとオーケストラ、’04年作の2曲目は2人のヴァイオリニストとオーケストラ。相変わらず温度感が低く、情景描写的な静かな、時にダイナミックな部分を混ぜて、風景が見えるような内省的なサウンドを奏でています。両方の曲とも、静かな部分と時に激しい部分との起伏が大きく、2曲目はタイトル通り薄暮の雰囲気を伝えています。

« Morton Feldman/Erik Satie/John Cage/Rothko Chapel | トップページ | Erkki-Sven Tuur/Brett Dean/Gesualdo »

ECM2401-2450番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/62533164

この記事へのトラックバック一覧です: Giya Kancheli/Chiaroscuro:

« Morton Feldman/Erik Satie/John Cage/Rothko Chapel | トップページ | Erkki-Sven Tuur/Brett Dean/Gesualdo »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト