私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 追いかけるのをやめたレーベルなど | トップページ | Stompin' With Savoy/Marc Copland Quintet »

2015/08/18

At Night/Marc Copland

Marcatnight
マーク・コープランドの過去盤聴きに行こうと思います。最近、だんだん遠ざかりつつある(’98年以前に聴いて短いコメントをつけたものの)過去盤聴き、昔ほどには情熱を持たなくなってきてはいるのですが、それでも聴いてみると、けっこういいんだなあ、これが、っていうのもあって、彼の諸作もそうなんですよね。忙しかったのも山を越えつつあるし。日本制作のリーダー作がこの前に2つあったので、実質彼の海外でのリーダー作はこのアルバムだろうと思います。ピアノ・トリオで真価を発揮しているような気もするし、この繊細さは他のピアニストでは真似のできないものだろうと思います。


At Night/Marc Copland(P)(Sunnyside) - Recorded June 16, 1991 and January 2-3, 1992. Gary Peacock(B), Billy Hart(Ds) - 1. All That's Left 2. Estate 3. All of You 4. At Night 5. Trading Places 6. Rain 7. Milestones 8. Masqualero

マーク・コープランド作は3曲(1、4、6曲目)で、5曲目を除き、他はスタンダードやジャズメン・オリジナルなど。サウンドは比較的オーソドックスですが、幾分思索的な部分も見え隠れします。有名曲もちりばめられています。哀愁漂う細かいビートで、ゲイリー・ピーコックのベースとマッチする1曲目、しっとりとした、ボッサと言うには淡い感じの2曲目、明るめなスタンダードも繊細な雰囲気が漂う3曲目、静かに進んでいく彼定番のバラードの4曲目、3人のインプロヴィゼーションが4ビートでもあり、端正なので既成の曲にも聴こえる5曲目、音での雨の情景描写がいい静かな、ドラム・ソロで少し盛り上がる6曲目、出だしも意表をついているマイルス・デイヴィス作の7曲目、ウェイン・ショーター作のこれまた繊細な味わいの8曲目。

« 追いかけるのをやめたレーベルなど | トップページ | Stompin' With Savoy/Marc Copland Quintet »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/62108639

この記事へのトラックバック一覧です: At Night/Marc Copland:

« 追いかけるのをやめたレーベルなど | トップページ | Stompin' With Savoy/Marc Copland Quintet »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト