私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Birdman or (The Unexpected Virtue Of Ignorance)(Soundtrack)/Antonio Sanchez | トップページ | 長男の作ったムラード型AB級フルバルブppアンプ(真空管アンプ) »

2015/07/04

Time And The River/David Sanborn

Davidtimeand
このアルバム、4月の発売だったんですが、ちょっと買うタイミングを逃していて、遅れて注文しました。デヴィッド・サンボーンはあまり追いかけてないですけど、ベースのマーカス・ミラーがプロデューサーで、しかもベースで参加しているので、食指を動かされました。長男もマーカスは好きなもので、それも理由にはあったかと思います。42分とちょっと短めだけれども、けっこういいプレイがおさめられていますね。ややおとなしめかなという真面もありますけど、やっぱりマーカスはいいなあ、と。もちろん、リーダーのデヴィッド・サンボーンもいいですけどね。参加メンバーがやや地味かなと思うも、いい演奏を聴かせてくれます。


Time And The River/David Sanborn(As)(Okeh)(輸入盤) - Released 2015. Roy Assaf(Key, P), Marcus Bayloy(Ds), Jevier Diaz(Per), Marcus Miller(B), Yotam Silberstein(G), Nicky Moroch(G), Peter Hess(Ss, Ts, Afl, Bcl), Justin Mullens(Tp, Flh), Tim Vaughn(Tb), Ricky Peterson(Org), Larry Braggs(Vo on 4), Randy Crawford(Vo on 7) - 1. A La Verticale 2. Ordinary People 3. Drift 4. Can't Get Next To You 5. Oublie Moi 6. Seven Days Seven Nights 7. Windmills Of Your Mind 8. Spanish Joint 9. Overture (From The Manchurian Candidate)

(15/07/04)デヴィッド・サンボーン作は2-3曲目で、マーカス・ミラー作は6曲目。マーカスはプロデューサーで、ほとんどの曲にベースとしても参加していて、マーカス色が強いです。7曲目のようなミシェル・ルグランの作曲もあれば、ロック・ファンク系統の曲もあったりと、けっこう今として楽しめるような内容。あまりマニアックな感じにはならず、素直に楽しめるところが魅力か。もう少しマーカス色が強いければな、と思うも、これでも十分強い、という思いもあって、楽しめました。2曲のヴォーカル曲もなかなかいい。6曲目は8分の7拍子です。トータルで42分でまとめたということはアナログ化も視野に入っているのかどうか。最近のフュージョン/ファンク作品としてはけっこう楽しめる方だと思います。やはりプロデュースがいい。

« Birdman or (The Unexpected Virtue Of Ignorance)(Soundtrack)/Antonio Sanchez | トップページ | 長男の作ったムラード型AB級フルバルブppアンプ(真空管アンプ) »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

ここのところDavid Sanbornの新作は買ってなかったのですが、Marcus Millerが入ると俄然興味がわいてきて、購入に至っています。
個人的には、David Sanbornというと"upfront"(http://www.amazon.co.jp/dp/B00N4477ZK/)あたりが良いんですが、さすがにその頃と較べると多少なりとも枯れた感じではありますね。

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

実は私はサンボーンのリーダー作をあまり持ってなくて、マーカス・ミラーの名前で今回買いました。アルバムとしてはけっこう楽しめました。42分収録はちょっと短かったかな(もっと聴きたかった)とも思います。

工藤さん,こんばんは。

ここ数年のDavid Sanbornって,アルバムは非常に枯れた感じがする一方,ライブは昔のレパートリーをやってたりして,どうも印象が定まらない感じがしましたが,これはMarcus Millerプロデュースの効能もあって,最近のアルバムではよかったと思いました。

ということで,TBさせて頂きます。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。

やっぱりサンボーンとマーカスは相性がいいですねえ。でも、昔のマーカスの出た作品をそんなに聴いている方でもないんですが。このアルバムも、なかなかいい家事を出していると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/61836369

この記事へのトラックバック一覧です: Time And The River/David Sanborn:

» David Sanborn Time and River [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
David Sanbornというと一般的には1980年前後に一世を風靡してたんだと思いますが、個人的には1992年の Live Under The Sky (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/38667340.html)の前後に一瞬聴き漁ってたんですが、この後の新譜がバラード集だったり枯れた演奏が多くなりそのまま聴かなくなって久しいんですが、これが年齢ゆえの衰えだったのか、ただただMarcus Millerが絡まなくなったからなのかはよくわからないまま.. 自..... [続きを読む]

» 久々のDavid SanbornとMarcus Millerのコラボ作 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Time And the River David Sanborn(Okeh) David Sanbornの音楽において,Marcus Millerが果たした役割は大きかったと思う。私にとっての彼の最高 [続きを読む]

« Birdman or (The Unexpected Virtue Of Ignorance)(Soundtrack)/Antonio Sanchez | トップページ | 長男の作ったムラード型AB級フルバルブppアンプ(真空管アンプ) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト