Twitter

無料ブログはココログ

« Tokyo Adagio/Charlie Haden/Gonzalo Rubalcaba | トップページ | 15年半ほぼ同じスタイルでコメントを書いている »

2015/07/14

スピーカーのウーファーのエッジの修理に出す

150711speaker
150712speaker2
平成6年購入のスピーカー、Onkyo Scepter 1001が、春先までは大丈夫だったんだけど、この梅雨の急激な湿度上昇のせいか、ウーファーのエッジが割れてきました。しかも、かなり大きく割れているので音質にまで影響しています。幸い、オンキョーでは古いものや他社製のスピーカーのエッジ直しもするとのことで、昨日電話して、ユニットの引き取り修理をしてもらうことにしました。ホームページ・ブログ関連だけでも何千枚も聴いてきたスピーカーだし、今この値段でこの物量のスピーカーはないので、修理をしながらできるだけ長く使おうと思います。

さて、そのスピーカーを置いてある部屋はというと、もはやオーディオルームではなくて、長男の作業場と化しております。まあ、好きな電気工学を学んで、好きなオーディオ研究会をやって。って言っても日本の電機メーカーに未来はあるかっていうと、微妙だけど、何だか大学生活を謳歌しているなあ、という感じではあります。こちらとしてもオーディオにかかる出費は抑えられるし。結局、低音と高音を分離するネットワークの電解コンデンサーも寿命ということで、自分で買ってきて交換してました。中高域の音が良くなったとのことだけど、自分にはその違いが分からないのよねー。これから2週間ほどは通常の状態でCDを聴けなくなるので、その間はCDのアップはお休みかな、とも思っていたのですが、長男がScepterのウーファーのコードから、スーパースワンにつないでくれて(つまりスーパースワンをウーファーとして使うという)、いつもとちょっと音質は違うけれど、聴けるように工夫はしてくれてます。

« Tokyo Adagio/Charlie Haden/Gonzalo Rubalcaba | トップページ | 15年半ほぼ同じスタイルでコメントを書いている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スピーカーのウーファーのエッジの修理に出す:

« Tokyo Adagio/Charlie Haden/Gonzalo Rubalcaba | トップページ | 15年半ほぼ同じスタイルでコメントを書いている »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト