私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 館山のコンコルドのアンプ試聴会に行ってきました | トップページ | You've Been Watching Me/Tim Berne's Snakeoil »

2015/05/07

Surrounded By Sea/Andy Sheppard Quartet

2432
ECM新譜聴き5日目。ゴールデンウィークはいろいろと予定や雑用があり、更新が滞ってしまいました。アンディ・シェパードはECMでは4枚目のリーダー作かな? やはりECMらしい曲つくりやサウンドなので、けっこういい感じなのでは、と思います。ギターのEivind Aarsetも、フレーズよりは空間的に音を包み込むようなサウンドで弾いているので、彼の参加もカギかな、と感じます。まあ、純ジャズ的に聴きたいという方には向いてないかもしれませんけれど、ECM的に、ヨーロッパ的にちょっと静かなものを、という場合にはけっこうフィットするんじゃないかなあ、と思います。12曲目は、オーネットというよりは、ポール・モチアンのグループを連想してしまいました。

Surrounded By Sea/Andy Sheppard(Ts, Ss) Quartet(ECM 2432)(輸入盤) - Recorded August 2014. Eivind Aarset(G), Michel Benita(B), Sebastian Rochford(Ds) - 1. Tipping Point 2. I Want To Vanish 3. Aoidh, Na Dean Cadal Idir (Part 1) 4. Origin Of Species 5. They Aren't Perfect And Neither Am I 6. Medication 7. Aoidh, Na Dean Cadal Idir (Part 2) 8. The Impossibility Of Silence 9. I See Your Eyes Before Me 10. A Letter 11. Aoidh, Na Dean Cadal Idir (Part 3) 12. Looking For Ornette

(15/05/06)アンディ・シェパード作または共作は6曲で(1、4、6、8-9、12曲目)、穏やかなヨーロピアン・バラードに聴こえる明るめのエルヴィス・コステロの曲が2曲目、静かなメロディが流れていく、あまり古さは感じない3つのパートの曲(3、7、11曲目)はトラディショナルで、5、10曲目はメンバーの作曲。ベースの弾く一定のテンポの上をややエキゾチックに舞っている1曲目、やや哀愁を伴いながら、好きな方向に漂う感じもある淡々とした4曲目、ドラマーの作った曲らしく自由度の高さがある5曲目、薄暮に漂うメロディが印象的な6曲目、内側に向かおうとする雰囲気の8曲目、哀愁はあるものの自由なビートで進む9曲目、浮遊感のあるメロディでミステリアスな10曲目、ゆったりしながら自由に舞う感じの12曲目。

« 館山のコンコルドのアンプ試聴会に行ってきました | トップページ | You've Been Watching Me/Tim Berne's Snakeoil »

ECM2401-2450番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/61553569

この記事へのトラックバック一覧です: Surrounded By Sea/Andy Sheppard Quartet:

« 館山のコンコルドのアンプ試聴会に行ってきました | トップページ | You've Been Watching Me/Tim Berne's Snakeoil »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト