私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Wolfgang Rihm/Et Lux | トップページ | 館山のコンコルドのアンプ試聴会に行ってきました »

2015/04/30

Franz Schubert/Andras Schiff

2425
ECMレーベル新譜聴き4日目。今日もクラシックです。しかもシューベルトで、2枚組145分もの収録でお腹いっぱい。その内容については、聴いたこともある曲がある、ということ以外は分らないのですが、シューベルトあたりだと安心して聴いていられます。アンドラーシュ・シフがECMに来て以来、オーソドックスなクラシックが増えたのも事実で、売り上げにも貢献しているんじゃないかな? しかも今回は普通にピアノを演奏するのではなく、シューベルトと同時代に製作されたフォルテピアノを使用しているということで、おそらくマニアックな心をくすぐるものがあるんじゃないかとも思いますけれど。


Franz Schubert/Andras Schiff(P)(ECM New Series 2425/26)(輸入盤) - Recorded July 2014. - 1. Ungarische Melodie In H-Moll D817 2-5. Sonate In G-Dur D894 6-11. Moments Musicaux D780 12. Allegretto In C-Moll D915 13-16. Vier Impromptus D935 17-20. Sonate In B-Dur D960

(15/04/29)CD2枚組。シューベルトは19世紀オーストリアの作曲家。ここでは1820年頃製作のフランツ・ブロードマンという、アンドラーシュ・シフが持っているアンティークなフォルテピアノを使用していて、当時のシューベルトのピアノの音に近いと思われるピアノ・サウンドで録音しています。今のピアノに比べてややソフトな感じか。曲は温かみもあり、落ち着いて聴けるので、やはりシフの王道作品でこのレーベルでの存在は大きいかも。

« Wolfgang Rihm/Et Lux | トップページ | 館山のコンコルドのアンプ試聴会に行ってきました »

ECM2401-2450番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/61512356

この記事へのトラックバック一覧です: Franz Schubert/Andras Schiff:

« Wolfgang Rihm/Et Lux | トップページ | 館山のコンコルドのアンプ試聴会に行ってきました »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト