私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Afro Blue/The Lonnnie Smith = John Abercrombie Trio | トップページ | Purple Haze/Lonnie Smith Trio »

2015/02/20

Foxy Lady/Lonnie Smith Trio

Lonniefoxy
ジョン・アバークロンビーの共演・参加作で、ロニー・スミスらとのトリオの2作目。ロックの題材だし、ドラムスのビート感からすればフュージョンやファンクのジャンルに入れることもできると思うのだけど、やっぱりこういうオルガン・トリオはジャズかなあ、って思います。なかなか変わった取り合わせなので、通常のジャズ的なオルガン・トリオとは違うサウンドが出てきます。企画や顔合わせなど、やっぱりプロデュースの勝利かなあ、と思います。個人的にはけっこう好きなんですよね。一気にこの時期3枚発表して、このしばらく後に、マーヴィン・”スミッティ”・スミスはTVの仕事(?)が忙しくなったようで、アルバムの録音にはなかなか出てこなくなるのですが。


Foxy Lady/Lonnie Smith(Org) Trio(Venus) - Recorded March 19, 1994. John Abercrombie(G), Marvin "Smitty" Smith. - 1. Foxy Lady 2. Castles Made Of Sand - Star Spangled Banner 3. Third Stone From The Sun 4. Jimi Meets Miles

オルガン・トリオ2作目は、ジミ・ヘンドリックス集。4曲目はロニー・スミスの作曲で、2曲目後半がトラディショナル。ギターの性格が全然違いますが、ジョン・アバークロンビーのギターはロック色の強かったときもありました。サウンドのまとまりとしては面白いものがあります。このメンバーでもけっこうイケるのでは。ロックとオルガンジャズの折衷的なところがまた面白く、ギターも彼なりにロックなフレーズを弾いている1曲目、メドレーでトータル23分にもなる、静かな出だしからリズミカルに延々と進んで盛り上がったり静かに鳴ったり、フリーから「アメリカ国歌」になる2曲目、割とゆったり目のビートで、軽めのギターから中途で急にアップテンポで過激になる3曲目、’70年代マイルス的な16ビートのファンクで進んでいく4曲目。

« Afro Blue/The Lonnnie Smith = John Abercrombie Trio | トップページ | Purple Haze/Lonnie Smith Trio »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/61161889

この記事へのトラックバック一覧です: Foxy Lady/Lonnie Smith Trio:

« Afro Blue/The Lonnnie Smith = John Abercrombie Trio | トップページ | Purple Haze/Lonnie Smith Trio »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト