私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Second Look/Marc Copland Quartet | トップページ | The Half-Finished Heaven/Sinikka Langeland »

2015/02/23

Encore/Eberhard Weber

2439
ECMの新譜が4枚届いたので、また聴いていくことにします。エバーハルト・ウェーバーが’07年に倒れてから、’12年に「Resume」(ECM2051)というアルバムが出ていますが、それと録音時期も編集方法も似ているので、それで「アンコール」なのかな、という気がしています。新録音を聴くことができないのは少々残念ですけど、編集や多重録音を使って音源を新たに作り出すことも、いいんじゃないかなあ、と思えてきます。ただ、ECMにはもう少し新人の発掘もしてもらえたらなあ、なんてことを思います。最近のベテランが多い、あるいはベテランを引っ張ってくる録音は、マンフレート・アイヒャーの年齢に関係しているのかなあ、とも思ったり。


Encore/Eberhard Weber(B, Key)(ECM 2439)(輸入盤) - Recorded 1990 -2007. Ack Van Rooyan(Flh) - 1. Frankfurt 2. Kanstanz 3. Cambridge 4. Rankweil 5. Langenhagen 6. Granada 7. Sevilla 8. London 9. Klagenfurt 10. Bradford 11. Edinburgh 12. Hannover 13. Pamplona

(15/02/22)過去のライヴ・レコーディングからベースの音を抜き出し、編集や多重録音を加えて再構築したものだそう。’07年に卒中を患ったとのことなので、それまでの演奏。ライヴの録音とありますが、実際は編集色が強く、往年の時期のスタジオ録音のようなサウンド。1曲の長さが2-4分台と比較的短く、13曲あっても45分台と短めのアルバムになっています。ただその分ベース・ソロやベースやキーボード、フリューゲルホーンとの多重録音ばかりなので、ベースの露出度は多め。エレクトリック・ダブル・ベースも駆使して、彼の往年のサウンドがそのまま今に来ているような錯覚を覚えます。ジャズと言えるかというと、メインストリームのそれではありませんけど、少しのスリルとメランコリックな雰囲気がいい感じです。

« Second Look/Marc Copland Quartet | トップページ | The Half-Finished Heaven/Sinikka Langeland »

ECM2401-2450番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/61183168

この記事へのトラックバック一覧です: Encore/Eberhard Weber:

« Second Look/Marc Copland Quartet | トップページ | The Half-Finished Heaven/Sinikka Langeland »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト