私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Gefion/Jakob Bro | トップページ | アフロディジア/マーカス・ミラー »

2015/02/28

Phoenix/Cyminology

2397
ECM新譜聴き4日目で一段落。なんでこのところECMの新譜が続々と出るのか分かりません。今日のアルバム、もうECMでは3作目になるんですけど、当初タイトルとグループ名と、どっちがどっちなのかよく分からない時がありました(笑)。入れ違いにアップしてしまったのか、ちゃんとしてたのかの記憶も、もうなくなってますけど。ペルシャ語のヴォーカルというのもなかなかエキゾチックで、それを西洋楽器でのバックで歌い、時にECM的なインプロヴィゼーションが入るという、ECMならではの組み合わせ。もう3枚出ているということは、欧米的には売れているんでしょうね。やはり聴く人を選ぶかな、とは思いますが。


Phoenix/Cyminology(ECM2397)(輸入盤) - Recorded March 2014. Cymin Samawatie(Vo), Benedikt Jahnel(P), Ralf Schwalz(B), Ketan Bhatti(Ds, Per), Martin Stegner(Viola) - 1. Aaftaab 2. Che Gune Ast 3. Baraaye Tanj 4. Gozaraan 5. Harire Buse 6. Talaash Makon 7. Dishab 8. Phoenix Part I 9. Phoenix Part II 10. Baraaye To

(15/02/27)全曲Cymin Samawatieが曲作りに関わり、メンバーや他の人との共作も多いです。1、4-5、10曲目のForough Farrokhzadはイランの詩人/映画監督だそうで、その詩を使って、歌詞のペルシャ語がエキゾチックな雰囲気に。ドラムスはインド系だけど、西洋音楽のバックグラウンドを持つメンバーもいるし、あまり民族音楽的なサウンドにはならず、西洋音楽との折衷的なサウンドになっています。ECM3作目で今回はヴィオラが加わり、そのサウンドの幅が広がったような感じも。2曲目はリズミカルなサウンドながらそのテンポが良く、アクセントになっています。インプロヴィゼーション的なサウンドと歌のマッチングが面白い4曲目、ヴィオラとのデュオの8曲目と、それに続く9曲目の2部構成のタイトル曲もなかなか。

« Gefion/Jakob Bro | トップページ | アフロディジア/マーカス・ミラー »

ECM2350-2400番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/61202589

この記事へのトラックバック一覧です: Phoenix/Cyminology:

« Gefion/Jakob Bro | トップページ | アフロディジア/マーカス・ミラー »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト