私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Fragments Of A Year/Various Artists | トップページ | Made In Chicago/Jack DeJohnette »

2015/01/17

Songs For Quintet/Kenny Wheeler

2388
ECMレーベル新譜聴き2日目。昨年亡くなったケニー・ホイーラーの、現在のところこれが遺作になるのかな。コメントでは、フリューゲルホーンがラフだと書きましたけど、もしかすると、衰えなのかもしれません。ただ、それすらサウンドの一部になっているような気もしています。曲の方は哀愁感たっぷりで、ECMファンとしては非常にいい感じでせまってきます。プロデューサーがマンフレート・アイヒャーとスティーヴ・レイクの連名になっているのも珍しいところ。最近はスティーヴの名前を見ることが少なくなってきたので。ただ、音作りに関してはアイヒャー主導なのかなということがうかがえます。また、このアルバムは、通常のプラジャケの上に紙パッケージを付けたのと同じ大きさのデジパック仕様になってます。今後ECMはこの方向に行くのかどうか、まだ1枚だけなんで分かりませんけど。


Songs For Quintet/Kenny Wheeler(Flh)(ECM 2388)(輸入盤) - Recorded December 2013. Stan Sulzmann(Ts), John Oarricelli(G), Chris Laurence(B), Martin France(Ds) - 1. Seventy-Six 2. Jigsaw 3. The Long Waiting 4. Center No.1 5. Sly Eyes 6. 1076 7. Old Time 8. Pretty Liddle Waltz 9.Nonetheless

(15/01/17)全曲ケニー・ホイーラーの作曲。全9曲で52分と、ややコンパクト。しっとりとした哀愁のあるサウンドの1曲目が、ややラフにも聴こえるフリューゲルホーンの音と相まって、印象が深いです。そのしっとり感は2曲目にも続いています。曲のメロディは美しいものが多いですが2曲目など、各パートがけっこう自由に弾いている感じも。その後もECMらしい曲が続いていて、3曲目は繊細、4曲目はベースソロではじまる曲で、テンポが変わったり4ビートになったり。マーチング的なドラムスをベースにした5曲目、ゆったりしたメロディにリズムがフリーで絡む小品の6曲目、流れの勢いのあるやや哀愁路線の7曲目、メランコリックなギターとホーンが印象的な3拍子の8曲目、ずっと同じ基調で来たかのように幕を閉じる9曲目。

« Fragments Of A Year/Various Artists | トップページ | Made In Chicago/Jack DeJohnette »

ECM2350-2400番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

工藤さん,こんにちは。TBありがとうございました。

このアルバムを聞いていて,随分感じは違いますが,Michael Breckerの"Pilgrimage"を想起していた私です。Kenny Wheelerの"Swan Song"を皆で作り上げたように感じられてなりません。それだけKenny Wheelerという人が,いろいろな人の尊敬を集め,愛されたミュージシャンだったという証のようにも思えました。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。

遺作になる作品は、心に残るものが多いですね。ここでのサウンドのある種の統一感が、やっぱり印象的でした。どこかに未発表の録音が残ってないかなあ、と思います。

こちらからもTBさせていただきます。
本作はホイーラーのプレイに衰えが感じられるものの、バンドとしてはなかなか良かったです。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

ホイーラーの曲がいいんでしょうね。彼のフリューゲルホーンとマッチして、いいサウンドに仕上がっています。もう新作を聴くことも可能性が低いので、このアルバムでその分味わいたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60988318

この記事へのトラックバック一覧です: Songs For Quintet/Kenny Wheeler:

» 優秀な友人たちに囲まれて作り上げたKenny Wheelerのラスト・アルバム [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Songs for Quintet Kenny Wheeler(ECM) 昨年9月に惜しくもこの世を去ったKenny Wheelerによるラスト・アルバムである。情報によれば,ほかのミュージシャンと共 [続きを読む]

» Kenny Wheeler / Songs for Quintet [Jazz & Drummer]
Kenny Wheeler(Flh)Stan Sulzmann(Ts)John Parricelli(G)Chris Laurence(B)Martin France(Ds)Rec. December 2013, London(ECM 2388)カナダ生まれでイギリスを拠点に活動していたケニー・ホイーラー(2014年9月没)は、本作が ... [続きを読む]

« Fragments Of A Year/Various Artists | トップページ | Made In Chicago/Jack DeJohnette »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト