私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Anna Gourari/Visions Fugitives | トップページ | メインのパソコンを5年ぶりに交換 »

2014/12/04

Eclectic/Eric Johnson/Mike Stern

Ericmike
とうとう手元にあるCDで聴いてないものはこれでなくなりました。明日はメインで使っているパソコンを取り替える日で、再びパソコンを通常通り使える環境に持って行くのにどのくらいかかるかな、ということと、次のCDが届くのが10日前後になると思うので、ちょうどいい区切りかなと思います。このアルバム、エリック・ジョンソンとマイク・スターンの2人のギタリストのアルバム。フュージョン/ファンクに入れようか、ロック/ポップスに入れようか迷うサウンドではありますね。なかなかバラエティに富んだサウンドの曲ですが、やっぱりロック色は強めかな、と思います。こういうアルバムも、まあ、好きな方ではありますが。


Eclectic/Eric Johnson(G, Synth, P, Vo)/Mike Stern(G, Vo)(Heads Up)(輸入盤) - Released 2014. Chris Maresh(B), Anton Fig(Ds), Guest: Malford Milligan(Vo on 1), Christopher Cross(Vo on 4-bridge), Leni Stern(N'goni, Vo on 5, 11-intors), Guy Forsyth(Harmonica on 12), James Fenner(Per on 4), Wayne Salzmann II(Per on 2), Mike Mordecai(Tb on 10), Andrew Johnson(Tp on 10), John Mills(Sax on 10) - 1. Roll With It 2. Remember 3. Benny Man's Blues 4. Wishing Well 5. Big Foot (With Intro) 6. Tidal 7. You Never Know 8. Dry Ice 9. Sometimes 10. Hullabaloo 11. Wherever You Go (With Intro) 12. Red House

(14/12/03)Eric Johnson作が3曲(3、6、10曲目)、Mike Stern作が6曲(1-2、4、7、9、11曲目)、Chris Maresh作が5曲目、他にジミ・ヘンドリックスの曲が12曲目など。エリックの影響もあってが、ロック路線の曲も目立ちますが、マイク・スターンの曲が多く、いろいろなジャンルをミックスしていて、2曲目の途中では4ビートにもなったりと多彩な感じです。また曲によってゲストがいろいろ出たりして、1曲目はヴォーカルの曲で、やっぱりいきなりロック・ポップス路線かなあ、と思わせる要因にもなっています。2人のギターの個性はどっちがどっちか分かりやすく、割とポップなギター・アルバムとしても楽しめます。曲もメロディアスなものもあって、覚えやすいメロディの曲もあり。最後はジミ・ヘンの曲で、ギター好きがうかがえます。

« Anna Gourari/Visions Fugitives | トップページ | メインのパソコンを5年ぶりに交換 »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

ロック・ポップス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60759277

この記事へのトラックバック一覧です: Eclectic/Eric Johnson/Mike Stern:

« Anna Gourari/Visions Fugitives | トップページ | メインのパソコンを5年ぶりに交換 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト