私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Alive At Firehouse 12 Vol.2 Fo'n Mo'/The Ralph Peterson Fo'tet Augmented | トップページ | ボレロ/マンハッタン・ジャズ・オーケストラ »

2014/10/02

ザ・プライヴェート・コレクション/チャーリー・ヘイデン

Charlieprivate
このアルバム、これは輸入盤国内仕様なのでライナーがあるのですが、それによると’94年に輸入盤として発売、’07年に2CDでまとめて再発(Disk Unionからは輸入盤国内仕様として)、そして今回となったようです。昔は国内盤ばかり目がいっていたもので、このアルバムはフォローしていませんでした。このグループ、ドラマーがビリー・ヒギンズから一時ポール・モチアンになって、その後はローレンス・マラブルだったですが、ポール・モチアンのこのグループでの録音も珍しいかも。音質よりも臨場感重視ということではありますが、収録時間も長いし、値段もそんなに高くないと思うので、興味ある方は聴いてみてもいいかも。


ザ・プライヴェート・コレクション/チャーリー・ヘイデン(B)(Rice Tecords)
The Private Collection/Charlie Haden(B)(Rice Records) - [CD1] Recorded August 6, 1987. Ernie Watts(Sax), Alan Broadbent(P), Billy Higgins(Ds) - 1. Hermitage 2. Passport 3. Misery 4. Nardis 5. Segment 6. Farmer's Trust 7. Etudes - [CD2] Recorded April 4, 1988. Ernie Watts(Sax), Alan Broadbent(P), Paul Motian(Ds) - 1. Bay City 2. Farmer's Trust 3. Lonely Woman 4. Silence 5. Body & Soul 6. Visa

2つのライヴをまとめて再発されたアルバム。チャーリー・ヘイデン作は[CD2]の1、4曲目だけで、他はこのバンドでは多かったジャズメン・オリジナルとスタンダードやバッハ、しかもチャーリー・パーカー作([CD1]の2、5曲目)やオーネット・コールマン作([CD2]の3曲目)などに混ざり、[CD1]1、6曲目や[CD2]2曲目のパット・メセニー作があるのも目をひきます。ドラマーのメンバー交代こそあるものの、割とオーソドックスな演奏が多く、エンターテイメント性が高いバンドだったので、少しアグレッシヴな部分もあるけれど、聴きやすい。ライヴなので音質より臨場感重視のようだけれど、演奏は聴いていて楽しい。ヘイデンの重厚なベース・ソロやドラム・ソロの場面もあり、聴かせどころもあり。ピアノとサックスも相変わらずメロディアスです。(14年8月17日発売)

« Alive At Firehouse 12 Vol.2 Fo'n Mo'/The Ralph Peterson Fo'tet Augmented | トップページ | ボレロ/マンハッタン・ジャズ・オーケストラ »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60410378

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・プライヴェート・コレクション/チャーリー・ヘイデン:

« Alive At Firehouse 12 Vol.2 Fo'n Mo'/The Ralph Peterson Fo'tet Augmented | トップページ | ボレロ/マンハッタン・ジャズ・オーケストラ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト