私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« テネシー・ファイアーバード/ゲイリー・バートン | トップページ | Guitar In The Space Age/Bill Frisell »

2014/10/28

タッチ・オブ・トニー・スコット/トニー・スコット

Tonythetouch
ビル・エヴァンスの主演・参加CD収集は、後から公式盤になったものを除いて、国内盤CDを中心に集めはじめるようになった’80年代から続いているのですが(他に途中で挫折してしまいましたが、ジョン・コルトレーンやエリック・ドルフィーもそうでした)、最近はそんなに新たに出るものもなく、数年に1枚ぐらいの割合で増えてます。その集めている時期に、このアルバムはけっこうジャズ本でジャケ写とかも目にしているのに、30年も縁がなかったCDでした。今回、聴くことができて良かったです。特にクァルテットの演奏では露出度が高いし。まだこの時期サイド参加作もあまりない時期なので、貴重な演奏と言えます。


タッチ・オブ・トニー・スコット/トニー・スコット(Cl)featuringビル・エヴァンス(P)(RCA)
The Touch Of Tony Scott/Tony Scott(Cl) featuring Bill Evans(P)(RCA) - Recorded July 1956. - 1. Rock Me But Don't Roll Me 2. Deep Purple 3. The Jitterbug Waltz 4. The Moon Walks 5. My Old Flame 6. Aeolian Drinking Song 7. You're Driving Me Crazy 8. Round MidNight 9. Walkin' On The Air 10. Poinciana 11. Vanilla Frosting On A Beef Pie 12. Yesterdays

トニー・スコット作は11曲目のみで、他はスタンダードやジャズメン・オリジナルが多い。ビッグ・バンドが1、4、7、10、12曲目、テンテット(10人編成)が3、5、9曲目、クァルテットが2、6、8、11曲目。編成がいろいろ変わるので、ちょっと忙しい感じもするけれど、ここではビル・エヴァンスの参加が目をひきます。小編成なほど目立つし、録音の時期も彼としてはけっこう早い時期なので、そういう意味では貴重な録音かも。たいていの人はビル・エヴァンスの名前でこのアルバムを入手するでしょうけれど、ここでのビッグ・バンドやテンテット、クァルテットでの録音もなかなか魅力的ではあります。過去にいろいろ珍しいアルバムが国内CD化されてきたけれども、割と有名だったこのアルバムがやっと今になって国内盤で発売されました。(14年9月24日発売)

« テネシー・ファイアーバード/ゲイリー・バートン | トップページ | Guitar In The Space Age/Bill Frisell »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60547149

この記事へのトラックバック一覧です: タッチ・オブ・トニー・スコット/トニー・スコット:

« テネシー・ファイアーバード/ゲイリー・バートン | トップページ | Guitar In The Space Age/Bill Frisell »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト