私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« A Tribute To Wayne Shorter/Dave Liebman Big Band | トップページ | Three Times Three/Antonio Sanchez »

2014/10/24

Juice/Medeski, Scofield, Martin & Wood

Medeskijuice
前にも同じメンバーでアルバムを出したなあ、と思って調べてみたら’06年(8年前)でした。((追記)その後にもう一枚’11年にライヴ2枚組が出てますが、これも’06年録音という説もあり。)もうそんなになるかなあ。音楽的にはけっこう好きなサウンドなんだけど、コメントとして書くにはグダグダになってしまうバンドで、もう、コメントの体をなしてない感じではあります。でも、人間くさい感じが好きなのだな、と思ってしまいます。私が持っているのは紙パッケージなんですが、あるところで、別な人が持っていたのはプラジャケでした。何通りか発売元があるのかな? HMVではOkehからの発売とされていますけれど、ここではアルバムに記載されているレコード会社(?)名によりました。


Juice/Medeski, Scofield, Martin & Wood(Indirectro Records)(輸入盤) - Released 2014. John Medeski(Key), John Scofield(G), Billy Martin(Ds, Per), Chris Wood(B), Guest: Pedrito Martinez(Conga, Guiro on 4, 9) - 1. Sham Time 2. North London 3. Louis The Shoplifter 4. Juicy Lucy 5. I Know You 6. Helium 7. Light My Fire 8. Sunshine Of Your Love 9. Stovetop 10. The Times They Are A - Changin'

(14/10/23)4人では3作目のCD。ジョン・スコフィールドの曲が3曲(2、5、9曲目)、全員の共作(インプロヴィゼーション?)が4曲目、ビリー・マーティン作が3曲目、クリス・ウッド作が6曲目。他はロックの曲か。相変わらずチープなサウンドでの演奏がハマっています。ギターが加わって4人組になると、やっぱりジョン・スコ色が強くなるけど、今っぽいオルガン(?)・グル―ヴにマッチ(ピアノの曲もあり)している一体感大いにアリのサウンド。よくありそうで、ここまでの職人芸的なチープさはなかなかなさそう。このバンド、なかなかジャズ・フュージョンの枠にとらわれていないためコメントが難しいですが、ノリは良いし、そのラフさが聴いていて心地よい。あっという間に60分10曲が終わってしまう感じ。3曲目のラテン的な感じもいい。

« A Tribute To Wayne Shorter/Dave Liebman Big Band | トップページ | Three Times Three/Antonio Sanchez »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきます。
「Medeski Scofield Martin & Wood/Out Louder」の後に、「MSMW / Live: In Case The World Changes Its Mind」という2枚組ライブ盤も2011年にリリースされてますが、本作はそこまでとはいかないものの、いかにもジャズバンドらしいリラックス感のある演奏が楽しめました。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

これが4人の2枚目だと思ったら、3枚目(しかも全部聴いていました(笑))でした、さっそく直しておきました。ライヴはけっこう強い印象があったのに、すっかり忘れていました。歳かなあ、と思います。

MM&WとJohn Scofieldの共演は、見事にツボにはまったような相性の良さを感じています。

MM&Wが解散しないのも凄いですが、John Scofieldとも、低頻度とは言え一過性の共演ではなく10年以上共演していることも凄いことだと感じています。

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

このルーズな感じ、ピタリとハマっているし、こういう類似バンドでここまでのテクとノリで、ってことになると、やっぱり彼らをおいて他にはないんじゃないかと思います。ジョンスコが入ったことにより、なかなかいい出会いがありました。

MM&Wのデヴュー作、聴いているんですけど、そこまでピンとこなかったのが本音です。このアルバム、GDにまでなっているんですけれども。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60535991

この記事へのトラックバック一覧です: Juice/Medeski, Scofield, Martin & Wood:

» Medeski, Scofield, Martin & Wood / Juice [Jazz & Drummer]
John Medeski(Key)John Scofield(G)Billy Martin(Ds, Cuica, Talking Drum, Caxixi, Guiro)Chris Wood(Ac-B, El-B)Rec. 2013?, NY(Indirecto Records IR16)メデスキ、マーティン・アンド・ウッドにジョン・スコフィールドが加わった ... [続きを読む]

» Medeski Scofield Martin & Wood Juice [JAZZとAUDIOが出会うと。。。(jazz blog)]
MSMW名義では2011年の下記以来となるよでうす。   Msmw Live: In Case The World Changes Its Mind (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/61024684.html) MMWのアルバムはその後、MMW名義で1枚、Nels Clineが入った盤が1枚リリースされています。   Free Magic (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/61593621.html)   Wo..... [続きを読む]

« A Tribute To Wayne Shorter/Dave Liebman Big Band | トップページ | Three Times Three/Antonio Sanchez »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト