私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« タッチ・オブ・トニー・スコット/トニー・スコット | トップページ | In My Solitude: Live At Grace Cathedral/Branford Marsalis »

2014/10/29

Guitar In The Space Age/Bill Frisell

Billguitarinthe
ビル・フリゼールの新作が出ました。ジャンル分けが難しくて、やっぱりジャズとかフュージョンとか言う前にロックだよね、と思うので、今回はロックのカテゴリーにしてみましたけど。ビル・フリ好きにはたまらないアルバムだと思うのですが、普通のジャズファンにはどうなのだろうか、と思います。でも、その狭い世界にとどまらず、広いファン層があると思うので、これだけたくさんのアルバムを作り続けていけるのだろうなあ、と思います。何たって1曲目がベンチャーズのパイプラインでっせ。リアルタイムではなかったけど、子供の頃に好きだった曲です。あとは洋楽の知識がないので、有名曲と言われても、よく分からなかったけど、それでもこのアルバム、気に入りました。


Guitar In The Space Age/Bill Frisell(G)(Okeh)(輸入盤) - Released 2014. Greg Leisz(Pedal Steel, G), Tony Scherr(B, G), Kenny Wollesen(Ds, Per, Vib) - 1. Pipeline 2. Turn, Turn, Turn 3. Messin' With The Kid 4. Surfer Girl 5. Rumble 6. The Shortest Day 7. Rebel Rouser 8. Baja 9. Cannonbal Rag 10. Tired Of Waiting For You 11. Reflections From The Moon 12. Bryant's Boogie 13. Lift Off 14. Telstar

(14/10/28)ビル・フリゼール作は6、13曲目のみ。基本的に’50-60年代の音楽にスポットが当たっていて、ロック的なサウンドと、どこかのどかなフリゼール本来の部分があったりします。有名曲も多いそうで、こっち方面が好きだと聴いていて楽しいアルバム。自分があまり知っている曲はないけれど、1曲目がベンチャーズの「パイプライン」で、けっこう心の中は盛り上がってしまいます。ジャズというよりはロックの範疇だけど、フリゼールという1ギタリスト1ジャンルになっている世界を好きな人には向いているかも。しかも今までよりロック的でギターも少しは激しい部分もあります。レトロでもあるんだけど、しかもアメリカなんだけど、どこの国でもない何か、という雰囲気のロックかも。ここまでシンプルでも独特の世界を持っています。

« タッチ・オブ・トニー・スコット/トニー・スコット | トップページ | In My Solitude: Live At Grace Cathedral/Branford Marsalis »

ロック・ポップス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

これは、掟破りと言いたいくらい"ベタ"な選曲で。。。ww
多作な Bill Frisellなので、買うべきか買わざるべきか、相当悩む作品です。(私は悩んでました。)
が、聴けばそのベタな選曲にヤられているのも事実でありまして、そういういみでも罪作りなBill Frisellリーダー作だと思っています。

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

確かに「ベタ」ですよねえ(笑)。ベンチャーズってアメリカよりも日本でウケていたとばかり思ってました。その後の曲もいいですけれど、やっぱり1曲目かな、と私も思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60562938

この記事へのトラックバック一覧です: Guitar In The Space Age/Bill Frisell:

» Bill Frisell Guitar In The Space Age! [JAZZとAUDIOが出会うと。。。(jazz blog)]
多作なBill Frisellの新作は、全部買ってると大変だぁということで、おおよその内容を把握したうえで、本作は買わないでおこうとおもっていたんですが、嬉しいことに聴く機会を得ることができましたので、謹んで拝聴している次第であります。 メンツは2ギターのカルテット。大筋ではBill Frisellと古くから共演している面々ということで良さそうです。 ちゃんと調べていませんが.. Bill Frisell(G)、Tony Scherr(B)、Kenny Wollesen(Dr)、Gre..... [続きを読む]

« タッチ・オブ・トニー・スコット/トニー・スコット | トップページ | In My Solitude: Live At Grace Cathedral/Branford Marsalis »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト