私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« In My Solitude: Live At Grace Cathedral/Branford Marsalis | トップページ | Circuit Rider/Ron Miles »

2014/10/31

Charlie Haden - Jim Hall

Charliejim
実はこのCD、発売前からHMVに注文していたのですが、注文時、2種類の同じ輸入盤があって、当然のことながら安い方を予約注文しました。ところが発売直前になって、出荷延期未定になってしまい、高い方はそのまま発売日に在庫ありに。しばらく待っても状況は変わらないので、慌てて注文を差し替えたのですが、その時は在庫なしで、結局発売日から1か月ほど経ってからの入手となりました。このアルバム、’90年の録音なんですね。先日聴いたケニー・バロンとデイヴ・ホランドのデュオは渋いといっても一般的に受け入れられるような渋さで、こちらの方はちょっとマニアックな渋さと言っていいかもです。多少聴く人を選ぶかな。


Charlie Haden(B) - Jim Hall(G)(Impulse)(輸入盤) - Recorded July 2, 1990. - 1. Bemsha Swing 2. First Song 3. Turnaround 4. Body And Soul 5. Down From Antigua 6. Skylark 7. Big Blues 8. In The Moment

(14/10/31)ライヴ録音で長めの曲が多いです。チャーリー・ヘイデン作が2曲(2、8曲目)、ジム・ホール作が2曲(5、7曲目)、他はスタンダードやジャズメン・オリジナル。この時期ジム・ホールも渋くて、ちょっとトリッキーな演奏の部分もありますが、演奏自体はしっかりしています。2人のやり取りの収録時間は76分に渡ります。リラックスした感じがまたいい。哀愁満点の2曲目もギターとベースのやり取りがまた切なく、2人ならではの演奏になっています。意外と雰囲気の出ているオーネット・コールマン作の3曲目、前後で明るく、ドリーミングな雰囲気が漂う、中盤のアコースティック・ギター?のカッティングが印象的な5曲目、ブルースなんだけどちょっと違う感じがいい7曲目、ベースにクセがあり、やや抽象的なやり取りもある8曲目。

« In My Solitude: Live At Grace Cathedral/Branford Marsalis | トップページ | Circuit Rider/Ron Miles »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

工藤さん,こんにちは。TBありがとうございました。

いやはや渋いデュオでした。Jim HallとCharlie Hadenの相性ってどうなのかなぁなんて思っていましたが,全然問題ありませんでしたね。さすが円熟期に入った名人同士の対話って感じでした。

まぁ,しょっちゅう聞きたいと思うアルバムではないかもしれませんが,彼らが残した遺産は大事にしないといかんですね。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。

名人ながら両方ともひとクセある人たちなので、まあデュオの良さの方が引き立っているにしても、少々マニアックな感じがしました。でも、私、両方とも追っかけしてますので、そのマニアックさがまたたまらないという循環に陥ってます(笑)。

Charlie Hadenのデュオアルバムってだけで、個人的には聴く価値ありってところもあるんですが、本作は亡くなった直後に出ていることからも、内容は良いと確信していました。
で、その予想通りの聴き応え充分の充実した内容だったと思います。

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

けっこう渋いけど、いい演奏だと思います。こういう演奏があるのなら、リアルタイムで出てくれていたら、と思いますが、今聴けることを幸せに思わなければです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60572809

この記事へのトラックバック一覧です: Charlie Haden - Jim Hall:

» Jim HallとCharlie Hadenによる円熟の対話 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Charlie Haden Jim Hall Charlie Haden Jim Hall(Impulse!) リリースからは随分経つのに,全然我が家にはデリバリーされずにイライラさせられたアルバムで [続きを読む]

» Charlie Haden Jim Hall Charlie Haden Jim Hall [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
先ごろ他界したCharlie Hadenの追悼盤という意味もあると思うのですが、1990年モントリオール・ジャズ・フェスティヴァルでのライブ録音盤がリリースされました。 Charlie Hadenというとデュオ盤を多くリリースしてまして、個人的にも多くを収集していましてこの盤もその選から買わないわけにはいかないものとなります。(もちろん、期待感も高いです。) Jim Hallですが、往年のジャズギター作って実はあまり買っていませんで、 真っ先に思い出すのがPat Methenyとのデュオ作(..... [続きを読む]

« In My Solitude: Live At Grace Cathedral/Branford Marsalis | トップページ | Circuit Rider/Ron Miles »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト