私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« エクストレイル1か月点検とオプションを付ける | トップページ | 一部の旧譜再発盤CD(未発表を含む)について »

2014/09/20

音が変化すると音楽の好みも変化するのか

140828speaker
少し前まで音楽を聴けない日が続いていて、その間にAVアンプのボリュームの修理(これは音には変化なし)、長男のスーパースワンというスピーカーの自作とスピーカー切り替えスイッチの自作、そして、スーパーウーファーの購入と、音に変化のある要因がたくさんできました。

ブログをさかのぼって読んでみると、機器の入れ替えの時とか、部屋のじゅうたんの入れ替えの時などに音が変わってしまって、慣れるまでしばらく時間がかかった記憶や記録があります。今回はスーパーウーファーが大きい要因だったかな。長男は、最近は私のCD棚から神保彰やマーカス・ミラーなどを取りだしては聴いています。確かに、エレクトリックの5(6)弦ベースのLow B音がちゃんと鳴ってくれているし、4弦ベースの最低音のE音も、けっこう心地良いです。

私もスーパーウーファー購入後しばらくの間は「Alive/上原ひろみ」(Telarc Jazz)とアコースティックだと「Stories/Enrico Pieranunzi」(CAM Jazz)ばかりを繰り返し聴いていました。だって、音楽もいいし、音として心地良いんだもん、としか言えないです。高級オーディオを追求している人は、意外にソフトの数が少ないという都市伝説(?)も、本当なのかな、と思える自分の中での出来事でした。下手をすると新譜を聴く気にならなくなるんじゃ、という危機感もあります。

なので、新譜を聴く時は、やっぱり今までのスピーカーで、スーパーウーファーは切っておこうかなとも思います。いい音の追求よりも自身の脳内変換の方が大事かもしれないなあ、とも思うようになりました。

« エクストレイル1か月点検とオプションを付ける | トップページ | 一部の旧譜再発盤CD(未発表を含む)について »

オーディオ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60345607

この記事へのトラックバック一覧です: 音が変化すると音楽の好みも変化するのか:

« エクストレイル1か月点検とオプションを付ける | トップページ | 一部の旧譜再発盤CD(未発表を含む)について »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト