私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Reunion/Gary Burton | トップページ | The Elements: Water Give Of Life/David Liebman »

2014/06/09

I Can See Your House From Here/John Scofield & Pat Metheny

Johnicansee
パット・メセニー共演・参加作8日目。今日のアルバムはジョン・スコフィールドとパット・メセニーの共演盤という、今では考えられないようなセッションです。当時すでに大物の風格を漂わせていますが、2人ともギターを持たせるとギター好きなギター小僧になってしまう、というイメージがあり、ここでもそのギター度は120%と言っていいぐらいにあります。特に伝統的なジャズにこだわらない方だったら、このギター、他ではなかなか聴くことができないような素晴らしい(ラフな雰囲気ではありますが)サウンドになっていて、おススメです。久しぶりに聴いてみて、やっぱり自分はこういう世界が好きだったんだなあ、と改めて思います。


I Can See Your House From Here/John Scofield(G) & Pat Metheny(G)(Blue Note) - Recorded December 1993. Steve Swallow(B), Bill Stewart(Ds) - 1. I Can See Your House From Here 2. The Red One 3. No Matter What 4. Eberybody's Party 5. Message To My Friend 6. No Way Jose 7. Say The Brother's Name 8. S.C.O. 9. Quiet Rising 10. One Way To Be 11. You Speak My Language

ジョン・スコフィールド作が6曲(1、3-4、6、10-11曲目)、パット・メセニー作が5曲(2、5、7-9曲目)。まさかと思われる大物2人の共演アルバム。2人のギターフレーズだけでもお腹いっぱいになる説明不要の素晴らしい演奏です。セッション的でけっこうラフな感じだけれども、そこがまたいい感じ。その中でもそれぞれの曲は、ある程度曲調に変化が出ています。勝手気ままに演奏しているようでもあったり、相手の奏法をマネするような部分もあったりと、なかなか楽しい雰囲気。そしてここでもベースとドラムスの特異な?音使いが印象に残りますが、そこがまたこのセッションの個性になっているのも面白い。4ビート的な曲もありますが、ファンク的なビートの曲もあります。5曲目のようにアコースティックでしっとりした曲もあり。

« Reunion/Gary Burton | トップページ | The Elements: Water Give Of Life/David Liebman »

ジャズ」カテゴリの記事

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/59786440

この記事へのトラックバック一覧です: I Can See Your House From Here/John Scofield & Pat Metheny:

« Reunion/Gary Burton | トップページ | The Elements: Water Give Of Life/David Liebman »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト