私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« サブテクスト/スティーヴ・カーン | トップページ | Portlaits/Chick Corea Solo Piano »

2014/05/26

Driftwood/Wolfgang Muthspiel/Larry Grenadier/Brian Blade

2349
ECMレーベルからまた新譜が届いたので、聴いてみました。スゴいメンバーなので、さぞや演奏もスゴかろうと思うのですが、マンフレート・アイヒャーのプロデュースなだけに、過激な、あるいはテクニカルな感じは少しはあるにしても前面には出てきません。むしろ空間的な中を漂いながら進んでいく感じの方がかなり強め。せっかくこのメンバーなのに、と思わないわけではありませんけど、このメンバーだからこそギター・トリオでこういう空間的表現ができるんではないかと思います。ただ、気になるのは収録時間が43分と短めなこと。やっぱり方針に合わずボツにした曲があるのではないかなあ、とそれもちょっと気になるところではありますが。


Driftwood/Wolfgang Muthspiel(G)/Larry Grenadier(B)/Brian Blade(Ds)(ECM 2349)(輸入盤) - Recorded May 2013. 1. Joseph 2. Uptown 3. Cambiata 4. Highline 5. Driftwood 6. Lichtzelle 7. Madame Vonn 8. Bossa For Michael Brecker

(14/05/25)5曲目のタイトル曲のみ3人のフリー・インプロヴィゼーションで、他は全曲ウォルフガング・ムースピールの作曲。メンバーがメンバーだけどECMらしい展開になってます。43分と収録時間も短め。静寂の中からしっとりとしたメロディが浮かび上がっては消えて行くフリーに近い1曲目、6拍子基調で、ややリズミカルさとエキゾチックさがある2曲目、しっとり哀愁系で淡々と進んでいく3曲目、出だしのベースのアルコのメロディが郷愁をさそうも歪んだギターの音で後半せまる4曲目、まるで作曲された曲のように展開がきっちりとしている5曲目、静かに漂いながら空間的なスペースの中を進んでいく6曲目、穏やかなメロディが印象的で、ほんのりくるバラードの7曲目、ややトンガリ気味のボッサでフレーズも少し過激になる8曲目。

« サブテクスト/スティーヴ・カーン | トップページ | Portlaits/Chick Corea Solo Piano »

ECM2301-2349番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきます。
これまでのブレイドとの共演盤と比べるとちょっと大人しめかなとも思ったのですが、これはこれでいい感じの演奏が楽しめました。
ECM的な人工美が少なめで、グレナディアのベースがガッチリした音で録れている録音もよかったです。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

ギタートリオでグレナディアとブレイドという贅沢な音空間をECM的に楽しめたと思います。ただ、ECMの他のアルバムのように60分前後はアルバムに収録して欲しかったかなあ、という気持ちも少しあります。おおむね満足しましたけど。

工藤さん,こんばんは。

私にとってはWolfgang Muthspielってどうも記憶に残らないというか,後発組のKurt RosenwinkelやJesse Van Rulerに負けてんじゃんって思うことも多かったのですが,Ralph Towner入りのギター・トリオはよかったですし,今回もECMからのリリースなので期待しておりました。

やっぱりEicherがプロデュースすると,ちょっと違った感じになるなぁと思いつつ,地味ではありましたが,結構いい作品だと思いました。

ということで,TBさせて頂きます。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。

このトリオでの聴く前の音と、実際の音とはちょっと違った感じでしたけど、これはこれで、このメンバーならではのサウンドが繰り広げられていて、よかったでした。収録時間はもっとあってもいいなあ、とも思いましたけど。

910さま、、

そちらは 梅雨はいかがでしょうか?
新潟市内は 雨が降ったりやんだり。。
雨が降り始める前はとても暑かったので このアルバムはぴったりだったのですが、、
今は、、ちょっと、ひんやり、、寒い。笑

なんか、音が全宇宙にちりばめられてる感じで、「間」にあたる空間の部分にみえない音がたくさんありそうな感じがしちゃうところが、、凄い気がします。

演奏時間。。わたしは最後のトラックが不良だったので、より短くかんじます。笑

>Suzuckさん

TBどうもありがとうございます。

今日は午前中サッカー観戦でお昼から仕事外出でした。雨は憂鬱だし、今年はゲリラ豪雨が混ざるのですよ(笑)。

この3人だったら、たぶん爆発するような事をやっていて、アイヒャーのプロデュースでカットされて40分台になってしまった、と勝手な想像をしているのですが(笑)。でもこういう空間的表現はこの3人ならではかな、と思いましたです。

CD、交換してくれるといいですね。念のため別なプレイヤーがあったら試してみるといいかもです。

当初もの足りない感じを感じつつ聴いていたのですが、聴き込んだところでじわじわと良さを感じてきたようなところがあります。

演奏時間的はたしかに短めではありますが。。しっかり集中して聴くには良い時間かなとも個人的には思ってます。

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

ある意味最強のギタートリオのメンバーでいて、ECMらしさが多分にあるサウンドだったので、いい意味で予想と違った部分と、予想通りだった部分とが混じり合って、なかなかいいアルバムに仕上がってました。やっぱりこのメンバーにしかできないサウンドになっていると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/59701417

この記事へのトラックバック一覧です: Driftwood/Wolfgang Muthspiel/Larry Grenadier/Brian Blade:

» Wolfgang Muthspiel, Larry Grenadier, Brian Blade / Driftwood [Jazz&Drummer]
Wolfgang Muthspiel(G) Larry Grenadier(B) Brian Blade(Ds) Rec. May 2013, Oslo, Norway (ECM 2349) ウォルフガング・ムースピールのリーダー作を買うのは「Wolfgang Muthspiel 4tet/Earth Mountain(08年、別頁あり)」以来。その間にも「Wolfga...... [続きを読む]

» ECMでリーダー作をリリースしたWolfgang Muthspiel [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Driftwood Wolfgang Muthspiel (ECM) Wolfgang Muthspielはギター3重奏のTravel GuideでECMデビューを飾っているが,あちらはRalph T [続きを読む]

» Driftwood / Wolfgang Muthspiel Larry Grenadier Brian Blade [My Secret Room]
ななーんと、、あちこち梅雨入りっていうことで。。皆さまには、納涼的1枚を ささげ [続きを読む]

» Wolfgang Muthspiel / Larry Grenadier / Brian Blade Driftwood [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
Wolfgang Muthspielの新作はECMからのリリースです。 最近のECMは、Vijay Iyer、Ralph Alessi、Aaron Parks、Craig Taborn、Chris Potter等々と、巷で知名度があがった中堅くらいの演奏家を起用したアルバムを多く作ってきています。 これまでの独自(あるいは無名)のECM固有(とか、専属っぽい活動)の演奏家、をリリースするレーベルという印象があり、子のミュージシャンの作品は買いという以外に「ECMだから買う」という指向が多々あ..... [続きを読む]

« サブテクスト/スティーヴ・カーン | トップページ | Portlaits/Chick Corea Solo Piano »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト