私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 「Jazz The New Chapter - ロバート・グラスパーから広がる現代ジャズの地平」 | トップページ | シキ/藤井郷子オーケストラニューヨーク »

2014/04/03

ドゥドゥ/ガトー・リブレ

Gatodudu
藤井郷子さん関連で2枚アルバムが先月届きました。当初4月発売と思っていたので、事前予約ではなくて発売直後の注文でした。ガトー・リブレ名義では6枚目のアルバムですが、過去5枚はトロンボーンではなくて、ベースの是安則克氏が参加していました。氏の急逝によって、もうこのグループはないかなあ、と思っていたら、楽器編成は変わるも、内容的には以前の承継的な雰囲気でのグループの存続があって、これからもこのグループを聴けるので、よかったなあ、と思ってます。哀愁度満点、でも一部フリー的な部分も聴ける、という人にはフィットするんじゃないかと思います。好みの1枚。


ドゥドゥ/ガトー・リブレ(Libra Records)
DuDu/Gato Libre(Libra Records) - Recorded June 18, 2013. 田村夏樹(Tp)、金子泰子(Tb)、津村和彦(G)、藤井郷子(Accordion) - 1. DuDu 2. Gato 3. Nanook 4. Rainy Day 5. Scramble 6. Mouse 7. Cirencester 8. B&B

全曲田村夏樹作曲。亡くなったベーシストに替わってトロンボーンが加わった新録音。どの曲も哀愁に満ちていて、素朴な雰囲気は継承してます。同じリフを繰り返しながらも、その寂寥感で心は鷲掴みにされているような雰囲気の1曲目、音がのびつつ哀愁を束縛感なく自由に示している2曲目、フリー的な濁った音も混じりつつ、それでも叙情感を表している3曲目、ギターが淡々と語りかけてきて、その後ゆったりしつつもトランペットが盛り上がる4曲目、変拍子基調で少しエキゾチックながら淡々と展開する5曲目、これぞ哀愁度とフリー度満点の各楽器が進んでいく6曲目、ギターの爪弾きとアコーディオンとの語り合いのある空間的な、アンサンブルがアクセントの7曲目、テンポが良く、叙情感に支配されつつフリーもある8曲目。(14年3月15日発売)

« 「Jazz The New Chapter - ロバート・グラスパーから広がる現代ジャズの地平」 | トップページ | シキ/藤井郷子オーケストラニューヨーク »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/59405298

この記事へのトラックバック一覧です: ドゥドゥ/ガトー・リブレ:

« 「Jazz The New Chapter - ロバート・グラスパーから広がる現代ジャズの地平」 | トップページ | シキ/藤井郷子オーケストラニューヨーク »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト