私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 長男の自作スピーカー2つめ | トップページ | MoonベースのJB-268 OX (Natural)(中古)を購入 »

2014/03/09

Songs About This And That/Karin Krog & John Surman

Karinthisand
カーリン・クローグのアルバムが出ましたのでゲットしました。もうずいぶん長く活動しているのに、相変わらず少しトンガッたヴォーカルもとれば、ジャズらしい歌も歌っていて守備範囲が広いです。今回は全曲ジョン・サーマンとの共作だし、彼の演奏も前面に出ていて、やはり2人ならではの世界だなあ、と思います。まあ、スタンダードはないし、4ビートでもないし、ということで聴く人を選ぶかもしれませんけど、こういうアルバムもあるということで。ECMっぽい曲もあればそうでない曲もあって、2人のセルフ・プロデュースなので、今彼女たちがやりたいのがこういうサウンドだったのかな、と思います。


Songs About This And That/Karin Krog(Voice) & John Surman(Ss, Bs, Bcl, Bass Recorder)(Meantime Records)(輸入盤) - Recorded April 23 and 24, 2013. Tejre Gewelt(B), Bjorn Klakegg(G), Ivar Kolve(Vib), Tom Olstad(Ds) - 1. Mirror Song 2. Cherry Tree Song 3. Question Song 4. Circle Song 5. Happy Song 6. Moonlight Song 7. Rain Song 8. Pebble Song 9. Monk Song

(14/03/09)全曲カーリン・クローグとジョン・サーマンの共作。この2人の作品なので、温度感が低くてミステリアスな感じの、哀愁を感じるゆったりとした曲が目立ちますが、今回は曲により少し幅の広いサウンド。レコーディング・エンジニアはJan Eric Kongshaugで、録音場所はオスロのレインボー・スタジオ。3曲目は実験的なヴォイスではじまったかと思ったら、途中からノリの良いオーソドックスなヴォーカル曲になってます。ただ、少々冒険的なサウンドの曲が混ざっているし、サーマンの出番も多いし、2人の共作的側面が前面に出ているのがうれしい。5曲目はボッサの曲。4曲目は個性的だし、6曲目は温度感の低さが出ています。7曲目もボッサ的で浮遊感があります。静けさの中で淡々と歌う8曲目、ジャズ的に展開する9曲目。

« 長男の自作スピーカー2つめ | トップページ | MoonベースのJB-268 OX (Natural)(中古)を購入 »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/59262407

この記事へのトラックバック一覧です: Songs About This And That/Karin Krog & John Surman:

« 長男の自作スピーカー2つめ | トップページ | MoonベースのJB-268 OX (Natural)(中古)を購入 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト