私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Mutations/Vijay Iyer | トップページ | Erkki-Sven Tuur/Seventh Symphony/Piano Concerto »

2014/03/15

Helena Tulve/Arboles Ilaran Por Lluvia

2243
ECMレーベル新譜聴き4日目。偶然なのか、今日、明日紹介するエストニアの現代音楽作曲家が2枚同時に出ています。Helena TulveはErkki-Sven Tuurに習ったこともあるそうです。でも硬派な現代音楽といってもその作風はやっぱり違っていて、この2枚を聴き比べると分かると思います。Helena Tulveは総じてゆったり感と、そのハーモニーというか不協和音というか、その流れをとらえるように進みます。ジャズのブログで現代音楽を紹介しても、とも思いますが、ECM追っかけなのでご勘弁を。


Helena Tulve/Arboles Ilaran Por Lluvia(ECM New Series 2243)(輸入盤) - Recorded October 2009, May, August and September 2010. Charles Barbier(Countertenoron on 1), Taniel Kirikal(Countertenor on 1, 4), Ensemble Vox Clamantis(on 1, 4), Ensemble Hortus Musicius(on 1), Jaan-Eik Tulve(Cond on 1, 3-4), Arianna Savall(Soprano on 2-4, Triple Harp on 3), Riivo Kallasmaa(Oboe on 2), Helena Tulve(Glasses, Wind Chimes on 2), NYYD Quartet(on 3), Marco Ambrosini(Nyckelharpa on 4), Estonian National Symphony Orchestra(on 5), Olari Elts(Cond on 5) - 1. Reyah Hadas'ala 2. Silences/Larmes 3. L'Equinoxe De L'ame 4. Arboles Ilaran Por Lluvia 5. Extinction Des Choses Vues

(14/03/13)Helena Tulveは’72年エストニア生まれの女性現代音楽家。その内容は、現代音楽メインで1曲目は古楽というか宗教音楽が入り混ざった、ゆったりとした和音、不協和音が流れていく、不思議な感覚のサウンドです。ここでは編成を変えて5曲収録されてますが、古楽器の入った1曲目、弦楽四重奏団もいる3曲目、ダイナミックなオーケストラとの5曲目など、やはり現代音楽の面で硬派な一貫しているところを見せてくれています。

« Mutations/Vijay Iyer | トップページ | Erkki-Sven Tuur/Seventh Symphony/Piano Concerto »

ECM2201-2250番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60508540

この記事へのトラックバック一覧です: Helena Tulve/Arboles Ilaran Por Lluvia:

« Mutations/Vijay Iyer | トップページ | Erkki-Sven Tuur/Seventh Symphony/Piano Concerto »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト