私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Maroons/Geri Allen | トップページ | Eyes... In The Back Of Your Head/Geri Allen »

2014/01/22

Twenty One/Geri Allen

Geritwenty
ジェリ・アレンのリーダー作過去盤聴き3日目。何と、これ、スウィング・ジャーナルのゴールド・ディスクですね。今まではとにかくマニアックな路線を歩んできたと思うのですが、ここで一般受けするアルバムを作ってしまいました。しかも、ロン・カーターとトニー・ウィリアムスとのトリオで。トニーはサイド参加作としては晩年の録音にあたるので、そういう面でも貴重ですね。まあ、売れセンに走ったとみる向きもあるでしょうけど、こういう方向なら大歓迎。ピアノも普通にジャズしていてもスゴいことが分かったし。オリジナルは再演曲が多いので、一度ここでまとめて、という意味もあったのかもしれませんね。そして、また彼女はある程度マニアックな路線に戻って行くことにもなるのですけど。


Twenty One/Geri Allen(P)(Somethin'else) - Recorded March 23-24, 1994. Ron Carter(B), Tony Williams(Ds) - 1. RTG 2. If I Should Lose You 3. Drummer's Song 4. Introspection/Thelonious 5. A Beautiful Friendship 6. In The Morning (For Sister Leola) 7. Tea For Two 8. Lullaby Of The Leaves 9. Feed The Fire 10. Old Folks 11. A Place Of Power 12. In The Middle

ジェリ・アレンの作曲は6曲(1、3、6、9、11-12曲目)で、再演曲が多いです。プロデュースはテオ・マセロとHerb Jordan。全12曲で、54分台と1曲あたりの時間がコンパクト。超有名なベテランのリズム陣2人を配した自在なリズムのトリオ。しかもスタンダードは半分を占め、編成もピアノ・トリオです。オーソドックスな感じでも弾ける人だな、というのも実感。オリジナルもスタンダードもピアノがけっこう聴きやすくなっていますが、それでも流麗な手数の多い場面もあります。トニー・ウィリアムスのリズムのプッシュが印象的。メロディが心に残り、迷宮に入りそうなトリオの演奏での再演曲の3曲目、セロニアス・モンク作も流暢になった感じの4曲目。7-8曲目あたりは今までの彼女とは全然違う側面かも。12曲目のソロ・ピアノは圧巻。

« Maroons/Geri Allen | トップページ | Eyes... In The Back Of Your Head/Geri Allen »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/58983802

この記事へのトラックバック一覧です: Twenty One/Geri Allen:

« Maroons/Geri Allen | トップページ | Eyes... In The Back Of Your Head/Geri Allen »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト