私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Another World/John Patitucci | トップページ | Arborescence/Aaron Parks »

2013/12/07

Mistura Fina/John Patitucci

Johnmistura
ジョン・パティトゥッチ旧譜聴き6日目で一段落。実は、’98年以前に発売されているCDはもっとあるんだけど、当時は国内盤ばかり買ってました。彼が次から移籍したConcordがその当時輸入盤でしか入手できないこともあって気がつかず、購入も遅くなり、’99年以降の現在の形式でコメントしてあります。今回はブラジル音楽でヴォーカル曲も多かったでした。一度にリーダー作を追いかけると、何か特集を持ってこないとマンネリ化してしまうんだろうなあとは思いますが、彼の場合、作曲や演奏が素晴らしいので、何をやっても(その後、ちょっと内省的すぎるきらいもありますが)いいのでは、と思います。


Mistura Fina/John Patitucci(B< Vo)(GRP) - Released June and August, 1994. Steve Tavaglione(Ts, EWI), John Beasley(P, Synth), Alex Acuna(Per), Michael Shapiro(Ds), Cathy Brandolino(Vo), Lou Pardini(Vo), Kevyn Lettau(Vo), Scott Mayo(Vo), Bill Cantos(Vo), Kleber jorge(Vo), Joao Bosco(Vo, G), Armand Sabal-Lecco(B, Vo), David Goldblatt(P, Synth), Dave Weckl(Ds), Dori Caymmi(G, Vo), Ivan Lins(Vo), Peter Erskine(Ds) - 1. Mistura Fina 2. Bate Balaio 3. Puccini 4. Samba Novo 5. The Four Loves 6. Assim Nao Da 7. Joys And Sorrows 8. Agua Mae Agua 9. Soul Song 10. Varadero 11. Long Story 12. Barra Da Tijuca 13. Samba School

邦題は「ファイン・ミキスチャー」。ジョン・パティトゥッチ作曲(共作含む)は、8曲(1、3、5、7、9、11-13曲目)。ブラジル音楽への傾倒を深めたアルバム。ただ、アルマンド・サベル・ロッコが3曲目に参加して、前作も少し引きずっている部分も。曲も共作ですし、ロッコがヴォーカルをとっていますけど、ブラジルとアフリカって近い感じがします。12曲目など、ケヴィン・レトーがヴォーカルをとっていたり(1、12曲目)、ジョアン・ボスコ(2、8、10曲目)、イヴァン・リンス(5、9曲目)、ドリィ・カイミ(4曲目)などのヴォーカルも聴くことができ、その道では有名なゲストのオンパレードです。メロディアスで印象的な曲が多い感じです。相変わらずリード・ベースも見受けられますけど、アコースティック・ベースも8-9、11-12曲目に出てきます。

« Another World/John Patitucci | トップページ | Arborescence/Aaron Parks »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/58678081

この記事へのトラックバック一覧です: Mistura Fina/John Patitucci:

« Another World/John Patitucci | トップページ | Arborescence/Aaron Parks »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト