私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Momo Kodama/La Vallee Des Cloches | トップページ | エレキ・ベースを買い替えてきたわけ »

2013/10/21

State Of The Art/Dee Daniels

1362
Criss Crossレーベル新譜がやっと入ってきたので、押せ押せになってしまってますが、9月から10月上旬に届いたCDは置いておいて、先に聴いてしまいます。これから11月にかけては、届くCDが減る見通しなので。Criss Crossで数曲ヴォーカルが入っていたアルバムは今までいくつかありました。でも、ヴォーカリストのリーダー作って、こんなに長くレーベルが続いていながらはじめてなんですよね。しかもスタンダード集。でもベテランだし、味わいもあるし歌がうまいので、アップテンポの曲は少ないですけれども、なかなか安心して聴くことができます。これからもヴォーカル作がここから出るのかどうか、興味があります。


State Of The Art/Dee Daniels(Vo)(Criss Cross 1362)(輸入盤) - Recorded January 28, 2013. Eric Alexander(Ts), Cyrus Chestnut(P), Raul Beaudry(B), Alvester Garnett(Ds) - 1. Almost Like Being In Love 2. Cherokee 3. I Wonder Where Our Love Has Gone 4. He Was Too Good To Me 5. I've Got You Under My Skin 6. Night And Day 7. I Let A Song Go Out Of My Heart 8. Willow Weep For Me 9. Why Did I Choose You 10. Summer Wind 11. Lover Man 12. How High The Moon

(13/10/20)Criss Crossレーベル初のヴォーカル・アルバムでスタンダード集。しかも、Dee Danielsは新人ではなくベテランだそうです。The Intimate Ellington/Ballads And Blues/Wycliffe Gordon(Cirss Cross 1353)に2曲参加した経験あり。やや低い声の黒いヴォーカルで、スキャットや崩しなど、なかなか堂に入っています。アップテンポの曲は少なめだけど安定感あり。なぜこのレーベルからヴォーカリストのリーダー作が、ということもあるけれど、バックのメンバーや演奏はヴォーカルをもち上げつつも彼らのペースだし、エリック・アレクサンダーやサイラス・チェスナット目当てで聴くのも良し。2曲目は普通ならアップテンポなのに、ここではスローなバラードでのアプローチが面白い。スタンダードのアレンジも、ちょっとヒネってあったり。

« Momo Kodama/La Vallee Des Cloches | トップページ | エレキ・ベースを買い替えてきたわけ »

Criss Cross1351-1400番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/58426755

この記事へのトラックバック一覧です: State Of The Art/Dee Daniels:

« Momo Kodama/La Vallee Des Cloches | トップページ | エレキ・ベースを買い替えてきたわけ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト