私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ベース Crews Maniac Sound の Jackson5 (中古)を衝動買い | トップページ | Threeo/パオロ・ディ・サバティーノ・トリオ »

2013/09/11

モルト・カンタービレ/山中千尋

Yamanakamolto
更新間隔が開いてしまいました。家庭の事情に加えて、長男がAVアンプの音場設定を変えてしまったので、CDを聴いてもどうもしっくりこなくて、音場設定を元に戻したら、そうそう、この音、ってことで久しぶりにアップすることができました。山中千尋も、もう突き抜けるところまで突き抜けてしまった感じで、曲の構築力を備えながら、速弾きでバンバン弾きこなすのは、もう彼女独自の世界ですね。扱った題材は今回はクラシックですけど、彼女自身のジャズの側に取り込んで演奏しています。ここまで音数が多いと、ひょっとしたら疲れてしまう人がいるかもしれませんが、病みつきになってしまう人が多数いると予想します。私もそうです。


モルト・カンタービレ/山中千尋(P、Key、Harmonica)(Verve)
Molto Cantabile/Chihiro Yamanaka(P, Key, Harmonica)(Verve) - Recorded April 22-24, 2013. Ben Williams(B), John Davis(Ds) - 1. No.1 In C Minor "Prelude" From Eight Concert Etudes For Piano Op.40 2. Rondo Alla Turca 3. Hanon Twist 4. The Fight Song For The Man Called "Napoleon" 5. Cantabile 6. Liebestraume No.3 7. Apres Un Reve 8. Flight Of The Bumblebee 9. Fur Elise 10. Improvisation No.15 En Ut Mineur "Hommage A Edith Piaf" DVD: 1. No.1 In C Minor "Prelude" From Eight Concert Etudes For Piano Op.40 2. Fur Elise 3. The Fight Song For The Man Called "Napoleon"

山中千尋作は5曲目のみで、クラシックのジャズアレンジの曲が続きます。ただ、クラシック然とした演奏は陰にひそめていて、主な曲はパワフルなピアノ・トリオで攻めています。かなり速いパッセージが続く曲も目立ちますが、ジャズではちょっとしつこいかなと思えるようでいて、クラシックだとこのぐらいの速弾きは案外あたりまえなので、それに慣れてしまうとかえって病みつきになりそうです。クラシック関係なので、コード進行からフレーズなど、アドリブに構築された部分が混ざっているようで、かなりのテクニックを持っているし、そのアレンジのセンスにも脱帽。そのエッセンスはカチッとしながらも、あくまでもジャズ寄りで、聴いているとけっこう爽快かも。オリジナルの5曲目も周りにうまく溶け込んでいる感じ。9曲目は遊び心あり。(13年8月14日発売)

« ベース Crews Maniac Sound の Jackson5 (中古)を衝動買い | トップページ | Threeo/パオロ・ディ・サバティーノ・トリオ »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/58171400

この記事へのトラックバック一覧です: モルト・カンタービレ/山中千尋:

« ベース Crews Maniac Sound の Jackson5 (中古)を衝動買い | トップページ | Threeo/パオロ・ディ・サバティーノ・トリオ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト