私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« CDプレイヤー TEAC VRDS-15 | トップページ | PC用のサウンドカード Onkyo SE-300PCIE »

2013/09/03

AVアンプ YAHAMA DSP-AX2700

130830dspax2700
このアンプを購入したのは’07年のことで、定価252,000円のところ、20万円以下で買えた記憶があります。それまで使っていた’92年購入のYAMAHA AVX-2200DSPが、ヴォリュームなどにガリノイズが出はじめていたので、買い替えました。

’07年当時は定価50万円以上のもっと高級機もありましたが、今ヤマハのサイトを見ると、そういう高級機は生産完了になってしまっていますね。AVアンプの高級品の需要がなくなったのか、それとも技術革新でAVアンプ自体が安くなったのかは分かりませんが。

前のAVアンプを買った’92年当時は、ホームシアターのマネごとをちょっとやっていて、CDを聴くよりはのめり込んでいた時期でもありました。’07年に買い替えた時には、実はその部屋にはTVはなかったのですが、前にも書きましたが部屋がデッドだし、定在波はあるし、音響特性を考慮しない正方形に近い部屋のために、サラウンドと音場補正の機能が欲しかったためでもあります。幸いある程度のメインスピーカーを鳴らせるオーディオ特性を持っているAVアンプだったので、まあ、普通に聴いている分には不満はありません。

現在、長男が大画面液晶TVを購入すべく夏休みのアルバイトをやっていて、夏だけでは予算が足りないので、冬もやるか、そして私もいくらか援助する方向(消費税が上がる前に買いたいし)で進んでいます。AVアンプは日進月歩なので、もう機能的には古くなっているかもしれませんけど、’07年製だと端子類など、必要なものはついていて、大丈夫なんじゃないかな、と思うのですが。

現在はこういう機材を使った環境でCDを日夜(でもないか)聴いています。今使っているオーディオの説明は今回で一段落です。

« CDプレイヤー TEAC VRDS-15 | トップページ | PC用のサウンドカード Onkyo SE-300PCIE »

オーディオ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 オーディオ機器のお話しって意外に少ないですね。そんな中で親しみを持って拝見しました。
 エソテリックなどの高級機の素晴らしさは解っていても、そこにたどり着くのは大変ですので、やっぱりご紹介のような中級機を如何に有効に自分で納得できるところに持って行くかというところも楽しいところです。
 さて、そこで次なる物は低予算で成し遂げられるPC-オーディオだと思います。私もその末席を濁すようになってやっぱりこれも楽しみの一つと思っています。よけいな話かも知れませんが、是非試みられては如何でしょうか?。

>風呂井戸さん

こんばんは。

自分の場合、そこそこ聴ければいいっていうのがあって、また予算不足なので、こういう機材で聴いてます、というのを一度まとめてみようかと思いました。

PCでのオーディオに関しては、自分はCD派なのでなかなか踏み出せないでいますが、長男は自作スピーカーにONKYOのサウンドカードSE-300PCIE(購入価格は23,000円ほど)を差していたりします。そう言えば、この話、ブログで書いてないですね。次回書こうかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/58108001

この記事へのトラックバック一覧です: AVアンプ YAHAMA DSP-AX2700:

« CDプレイヤー TEAC VRDS-15 | トップページ | PC用のサウンドカード Onkyo SE-300PCIE »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト