私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Guided Tour/The New Gary Burton Quartet | トップページ | People Music/Christian McBride & Inside Straight »

2013/06/30

Azure/Gary Peacock/Marilyn Crispell

2292
ちょっと順番を変えて、ECMが1枚あるので紹介します。ゲイリー・ピーコック、高齢なのであまり出てこなくなったと思っていても、これは2年ちょっと前の録音ですけど、まだまだ十分にフリー・インプロヴィゼーションを含め、表現力は劣ってないなあ、と思いました。マリリン・クリスぺルとのデュオのアルバムですが、きっちり作り込んである部分はきちっと表現し、フリー的なところは緊張感をもって応酬しているのが分かります。これは2人のプロデュースで、マンフレート・アイヒャーは録音時には関わっていないですけど、それでもECMまっただ中のデュオの演奏というのは、けっこう素晴らしいんじゃないか、と思ったりしてます。


Azure/Gary Peacock(B)/Marilyn Crispell(P)(ECM 2292)(輸入盤) - Recorded January and February 2011. - 1. Patterns 2. Googbye 3. Leapfrog 4. Bass Solo 5. Waltz After David M 6. Lullaby 7. The Lea 8. Blue 9. Piano Solo 10. Puppets 11. Azure

(13/06/29)2人のインプロヴィゼーションが3曲(3、8、11曲目)、マリリン・クリスぺル作が4曲(1-2、5、9曲目)、ゲイリー・ピーコック作が4曲(4、6-7、10曲目)。メロディらしさとインプロヴィゼーションらしさの境目があまりない感じです。興味は3曲の2人のインプロヴィゼーションの曲ですが、ごく自然に語り合っています。デュオが基本の編成だけど、ソロの曲も(4、9曲目)あり、それぞれ味があります。情景的なゆったりした曲が中心なのですが、1曲目だけはもっと過激でエネルギッシュなデュオのやり取りです。でも2、5-7曲目は割ときっちりと作られた美しい空間的なバラード。曲により、動と静の独特な緊張感で、あるいはゆったりとした情感で、2人のやり取りは続いていきます。10曲目はベースのアルコ奏法が印象的。

« Guided Tour/The New Gary Burton Quartet | トップページ | People Music/Christian McBride & Inside Straight »

ECM2251-2300番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/57688118

この記事へのトラックバック一覧です: Azure/Gary Peacock/Marilyn Crispell:

« Guided Tour/The New Gary Burton Quartet | トップページ | People Music/Christian McBride & Inside Straight »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト