私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« La Notte/Ketil Bjornstad | トップページ | The Gift/Susanne Abbuehl »

2013/05/28

Transylvanian Concert/Lucian Ban/Mat Maneri

2313
ECMレーベル新譜聴き3日目。今日のデュオも、マンフレート・アイヒャーのプロデュースではなく、ライヴの演奏。3枚続けてこういうことも珍しいと思います。曲によって抜き出して聴かせたら、そのダイナミックな演奏でECMのアルバムとは分からないんじゃないかな、と思わせるサウンドの曲も複数あったりします。ヴィオラも、以前は微分音での演奏が多かったけど、ここでは普通に12音階で弾いているようです。ただ、フレーズに引っ掛かりがあったりしますけど、ジャズなのでこれも個性か。ピアノが前面に出てくる場面がもう少し多くてもよかったかな、とは思いますが、まあ、ECMでのアルバムだとこういうのも面白いかな。


Transylvanian Concert/Lucian Ban(P)/Mat Maneri(Viola)(ECM 2313)(輸入盤) - Recorded June 5, 2011. - 1. Not That Kind Of Blues 2. Harlem Bliss 3. Monastery 4. Retina 5. Nobody Knows The Troubles I've Seen 6. Darn 7. Two Hymns

(13/05/26)Lucian Bannの作曲が4曲(1-3、7曲目)、Mat Maneri作が4曲目、共作が6曲目、トラディショナルが5曲目。ピアノがリーダーだと思うのですが、ヴィオラが旋律を弾いて、そのバックにまわることが多い。ヴィオラが引っ掛かりの多いメロディを弾く感じは彼の個性か。ブルースではないというタイトルだけど、ブルージーでスピリチュアルな感じもある1曲目、ややしっとり感はあるけれど、少し淀んだところがジャズっぽい2曲目、ピアノのモーダルなアプローチにヴィオラのメロディが絡む、けっこうゴンゴンくる3曲目、静かな冷めたバラードを聴かせる4曲目、ヴィオラのソロで静かに明るく展開していく5曲目、2人のインプロヴィゼーションで自然に盛り上がっていく6曲目、しっとりと、暖色系の静かなバラードで終わる7曲目。

« La Notte/Ketil Bjornstad | トップページ | The Gift/Susanne Abbuehl »

ECM2301-2349番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/57460768

この記事へのトラックバック一覧です: Transylvanian Concert/Lucian Ban/Mat Maneri:

« La Notte/Ketil Bjornstad | トップページ | The Gift/Susanne Abbuehl »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト