私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Transylvanian Concert/Lucian Ban/Mat Maneri | トップページ | Live At The Village Vanguard/Enrico Pieranunzi »

2013/05/29

The Gift/Susanne Abbuehl

2322
ECMレーベル新譜聴き4日目で一段落。このアルバム、ECMのヴォーカル・アルバムにしては民族音楽色はないのですが、ジャズかというと、あまり細かくジャンル分けしていないので、苦し紛れにジャズに入れてます。ポップス的な意味合いが強いかもしれませんが、確かに参加メンバーが弾いているのは、ECM的なインプロヴィゼーションではあるわけで。まあ、日本では需要はあまりないのかなあ、とも思うけど、過去にもここからアルバムを出しているということは、欧州では割と売れているのかもしれませんね。静かな中にも変化があるところを見つけるのが楽しい、と言えば楽しい。


The Gift/Susanne Abbuehl(Voice)(ECM 2322)(輸入盤) - Recorded July 2012. Matthieu Michel(Flh), Wolfert Brederode(P, Indian Harmonium), Olavi Louhivuori(Ds, Per) - 1. The Cloud 2. This And My Heart 3. If Bees Are Few 4. My River Runs To You 5. Ashore At Last 6. Forbidden Fruit 7. By Day, By Night 8. A Slash Of Blue 9. Wild Nights 10. In My Room 11. Bind Me 12. Soon (Five Years Ago) 13. Fall, Leaves, Fall 14. Sepal 15. Shadows On Shadows 16. This And My Heart, Var.

(13/05/26)スイスのSusanne Abbuehlの曲は13曲目が作詞の方で、他は全曲作曲、詞はEmily Dickinsonのものが多く(全16曲中10曲)、ほぼ他人の詞。ヴォーカルものなので、61分の収録で16曲と、1曲あたりは短め。語りかけるような、やや小さめの声で歌っていて、バックのメンバーの編成も少し特集なので、いかにもECMらしいヴォーカルアルバムとなっていますが、2曲目は5拍子だったりと、アクセントがところどころについている感じです。曲の静かな雰囲気から、ベースはなくても不自然ではなく、フリューゲルホルンのソロやカウンターメロディなど、心地良く耳に響いてきます。ミステリアスで空間的な雰囲気があるけど、サウンドは民族的とかではなく、ニュートラルな感じ。ECM的なのは、そのゆったりさから感じられます。

« Transylvanian Concert/Lucian Ban/Mat Maneri | トップページ | Live At The Village Vanguard/Enrico Pieranunzi »

ECM2301-2349番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

Susanne Abbuehl が来月来日します。ご案内まで。

ツアー詳細 http://invs.exblog.jp/24211138/

>invsさん

情報どうもありがとうございます。
SNSなどで周りを見渡すと割と話題になっているようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/57461154

この記事へのトラックバック一覧です: The Gift/Susanne Abbuehl:

« Transylvanian Concert/Lucian Ban/Mat Maneri | トップページ | Live At The Village Vanguard/Enrico Pieranunzi »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト