私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Numerology - Live At Jazz Standard/David Gilmore | トップページ | One/Jonathan Kreisberg »

2013/04/17

Unit1/Mark Egan/Karl Latham/John Hart

Markunit
やっと通常の新譜聴きに戻れます。しばらく更新していなかった時期もあったり、後から届いたアルバムを先に聴いたりしたので、今日のアルバムは発売日では1月、しかもそれが届くのに時間がかかって2月下旬に到着というアルバム。しかもそれを4月に聴いているので、なんともはや、なんですが(笑)。今日のアルバムはスタンダードやジャズメン・オリジナルをフュージョンやファンクでやってしまおう、というセッション。あまりガチガチではないですけど、それなりにキメどころというのもあって、前からベースのマーク・イーガンは好きだったので、こういうサウンドも面白いなあ、と思った次第です。他ではあまりなさそうなアルバムでした。


Unit1/Mark Egan(B)/Karl Latham(Ds)/John Hart(G)(Wavetone)(輸入盤) - Recorded March, April, May 2008. - 1. Old Folks 2. Epistrophy 3. WIllow Weep For Me 4. All Blues 5. St. Thomas 6. Mr. Clean 7. Bemsha Swing 8. Footprints 9. My One And Only Love

(13/04/16)全曲スタンダードかジャズメン・オリジナルなど、他人の曲。ギター・トリオの演奏。それでも、アプローチは4ビートではなくて(4曲目はワルツの4ビート的展開)、だいたいフュージョンやファンク的なのが面白い。どの曲も新しいアレンジやアプローチなので飽きないし、カッコいい。それでいて、バカテクとかでガチガチに固めている感じはなく、セッションの気楽さもある程度あるような雰囲気。セロニアス・モンク作の曲も2曲(2、7曲目)ありますが、普通ならモンク色が前面に出てくるのに、ここではファンク色の方が強いのが特徴。ギターが割とオーソドックスな感じだけど、個性的なベースやドラムスとうまくマッチしています。原曲の雰囲気を一番近く持っているのは4曲目か。8曲目も意表をつくアレンジ。なかなか面白い1枚。

« Numerology - Live At Jazz Standard/David Gilmore | トップページ | One/Jonathan Kreisberg »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきます。
セッション感覚のライブ演奏ではありますが、大好きな曲ばかり取り上げているし、現代的なビートでやっているのがとても良かったです。
またライブなのに気づかないほどに各楽器が明瞭に録れている録音も最高でした。

ベーシストのリーダー・アルバムでは、ジェフ・バーリンの「High Standards」の続編的な「Low Standards」(Dsがマイク・クラークに変更)もリリースされたのですが、試聴したところあまりパッとしないので、買おうかどうしようか迷っている最中です。
http://www.amazon.co.jp/Low-Standards-Jeff-Berlin/dp/B00BV2B7GC/ref=sr_1_2?s=music&ie=UTF8&qid=1366192904&sr=1-2

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

知っているジャズの曲が多くて、こういうフュージョン/ファンクアレンジをやっているのかと、けっこう楽しみに聴いてました。こういうのならもっと聴いてみたいです。

ジェフ・バーリン新譜は注文してますが、5月20日頃の出荷の山に入っているため、当分聴けそうにないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/57192260

この記事へのトラックバック一覧です: Unit1/Mark Egan/Karl Latham/John Hart:

» Mark Egan, Karl Latham, John Hart / Unit 1 [Jazz&Drummer]
Mark Egan(B) John Hart(G) Karl Latham(Ds) Rec. March/April/May, 2008, NJ (Wavetone Records WT8646) マーク・イーガンのギタートリオ作品を聴くのはジョン・アバークロンビー、ダニー・ゴット... [続きを読む]

« Numerology - Live At Jazz Standard/David Gilmore | トップページ | One/Jonathan Kreisberg »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト