私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« City Of Broken Dreams/Giovanni Guidi Trio | トップページ | Quercus/June Tabor/Iain Ballamy/Huw Warren »

2013/04/06

Iva Bittova

2275
ECMレーベル新譜聴き2日目。今日のアルバムは東欧の民族音楽の影響を受けた自作曲ですが、New SeriesではなくてECMというだけで、いちおうジャズの範疇に入れてしまいます。このレーベル、最近はますますボーダーレスになってきているので、ジャンル分けは難しいです。民族音楽と言っても伝承音楽ではないほぼ自作の場合はどこに属すのか、考えるときりがないですし。ボーカルで高い音のつんざきはメレディス・モンクを連想させたりはしますけど、バックグラウンドが違うので、単純には比較できないところ。あと、ECMからの初リーダー作といっても、最近はほとんどの場合、他レーベルでリーダー作がいくつも出ている人が多いですね。


Iva Bittova(Vln, Voice, Kalimba)(ECM 2275)(輸入盤) - Recorded February 2012. - 1. Fragments 1 2. Fragments 2 3. Fragments 3 4. Fragments 4 5. Fragments 5 6. Fragments 6 7. Fragments 7 8. Fragments 8 9. Fragments 9 10. Fragments 10 11. Fragments 11 12. Fragments 12

(13/04/05)旧チェコ・スロヴァキア、元モラヴィア出身のIva Bittovaは、東欧でのジプシー・ミュージックの推進者とのことで、ここでのほとんどが彼女の作曲。6曲目のみ元歌あり。ECMでは初リーダー作(ECM New Series 1985には参加)ですが、他では多くのアルバムを残しています。多重録音なのか、ヴァイオリンを弾きながら歌う場面もあり、その歌い方は東欧っぽくてエキゾチックな民族音楽の香りがします。時につんざくような高い声は、けっこう印象に残ります。歌詞のある曲もあり、タイトルの「Fragments」が、即興の要素が強いのか、それとも計算されて作られている曲なのかは不明。だけど、原初的なエネルギーのようなものを彼女のヴォイスから感じ、反面構築されているような曲ごとの幅を感じます。少し聴く人を選ぶかも。

« City Of Broken Dreams/Giovanni Guidi Trio | トップページ | Quercus/June Tabor/Iain Ballamy/Huw Warren »

ECM2251-2300番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/57109416

この記事へのトラックバック一覧です: Iva Bittova:

« City Of Broken Dreams/Giovanni Guidi Trio | トップページ | Quercus/June Tabor/Iain Ballamy/Huw Warren »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト