私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Gamak/Rudresh Mahanthappa | トップページ | Just For The Record/Tom Kennedy »

2013/03/17

Retro/Gary Willis

Garyretro
新譜が少したまっているので、発売日の順番に、と思ったのですが、ゲイリー・ウィリスのこのアルバムだけは早く聴きたくて、順番を替えて聴いてみました。やっぱりキーボード、ベース、ドラムスという編成だと、ベースがメロディを奏でるリード・ベースという役割が多くなるのですが、彼だと嫌味がなくて自然に聴けるところがあります。そして、曲によってボトムを受け持つところは、小刻みなスレーズを多用しつつもグル―ヴ感を保っていて、かなり存在感はありますし。まあ、ベース奏者のリーダー作なんで当たり前ですけれども彼のフレットレスベースが非常に目立って、エレキ・ベース好きの私には、かなり好感触なアルバムとなりました。


Retro/Gary Willis(B)(Abstract Logix)(輸入盤) - Recorded December 2012. Gergo Borlai(Ds), Albert Bover(Key) - 1. Change Agent 2. Amaryllis 3. Disconnectivity 4. Norwegian Wood 5. Old School 6. Dream 7. Move 8. Tarde 9. We Will Meet Again 10. For All We Know

(13/03/16)1、3、5-7曲目がゲイリー・ウィルス作で、オレゴン作(2曲目)、ビートルズ(4曲目)、ミルトン・ナシメント(8曲目)、ビル・エヴァンス(9曲目)、スタンダード(10曲目)と、選曲が多彩。既成の曲の混ざり具合がいい。リード・ベースかと思うとアップテンポの4ビート攻めてくる1曲目から、他の曲もベースがメロディを奏でている場面が多く出てきます。フレットレス・ベースなので、なかなか印象的なサウンドで、彼ならメロディを弾いても違和感のない感じです。それでいて、3曲目のようにハードコア・フュージョンのボトムを支えるような小刻みなフレーズも、それにのっとったソロも見事。硬軟緩急とり混ぜての曲の構成は、こういうトリオの編成で聴いても飽きないです。7曲目はアップテンポの4ビートジャズで、これもカッコいい。

« Gamak/Rudresh Mahanthappa | トップページ | Just For The Record/Tom Kennedy »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきます。
さすがにリーダー作だけあって、ウィリスのベースの見せ場がたっぷりながらも、決してくどくは感じさせないのが素晴らしいし、他のメンバーもなかなかの実力の持ち主で、特にゲルゲー・ボルライの上手さには感心しました。
また演奏に加えて録音もとても良かったです。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

リード・ベースが多かったものの、嫌味がなく、それもアクセントになって、けっこう楽しむことができました。彼のリーダー作は少ないだけに、この新譜は貴重です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/56966692

この記事へのトラックバック一覧です: Retro/Gary Willis:

» Gary Willis / Retro [Jazz&Drummer]
Gary Willis(B) Gergo Borlai(Ds) Albert Bover(Key) Rec. December 2012, Barcelona, Spain (Abstract Logix ABLX38) トライバル・テックの久しぶりの新譜「Tribal Tech / X(12年、別頁あり)」... [続きを読む]

« Gamak/Rudresh Mahanthappa | トップページ | Just For The Record/Tom Kennedy »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト