私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« これからの部屋の使い方 | トップページ | Retro/Gary Willis »

2013/03/16

Gamak/Rudresh Mahanthappa

Rudreshgamak
今日は長男が朝から楽器を持って出かけてしまったので、明日収集の資源ごみの段ボールその他をまとめて掃除をしたあと、1枚聴く時間がとれました。このアルバムのRudresh Mahanthappa、他の人のブログでは以前からよく名前を聞いたのですが、今回はデヴィッド・フュージンスキーが全面参加をしているということで、買ってみました。届いたのが1月末で、やっと聴けることになりましたが、インド風味も時々ある変拍子メカニカル・ファンク・ジャズという感じで、個人的にはけっこうカッコいいアルバムだと思います。でも、こういうサウンドだと曲ごとの紹介はしにくいかな。聴く人を選ぶかもしれません。


Gamak/Rudresh Mahanthappa(As)(ACT)(輸入盤) - Recorded April 2 and 3, 2012. David Fiuczynski(G), Francois Moutin(B), Dan Weiss(Ds) - 1. Waiting Is Forbidden 2. Abhogi 3. Stay I 4. We'll Make More 5. Are There Clouds In India? 6. Lots Of Interest 7. F 8. Copernicus - 19 9. Wrathful Wisdom 10. Ballad For Troubled Times 11. Majesty Of The Blues

(13/03/16)全曲Rudresh Mahanthappaの作曲。デヴィッド・フュージンスキーも全面参加で、露出度も高し。変拍子バシバシだし、メロディも揺らぎと言うのか、12音階以外のインド的な半端な音も使っているようでもあり、このあたりはフュージンスキーのフレットレス・ギター(普通のギターも含めて)も合わせて効果的なサウンドを出しています。インド系のサックスだけれど、インド色が強い場面もあり、そうでもない場面もありといったところか。メンバーも超強力で、変拍子ファンク的でエキゾチックな味もあるジャズを聴くには、なかなかいい感じ。同じリフが繰り返されることも多めで、脳に突き刺さるような印象ですが、やはり突き詰めると独特なサウンド。メロディがあるんだけど、ある意味エキゾチックでメカニカル。少々マニアックかな。

« これからの部屋の使い方 | トップページ | Retro/Gary Willis »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

変拍子メカニカル・ファンク・ジャズというのはそのとおりだと思います。
私もこういうのは基本的に好きです。まあマニアックなんでしょうね。
ここでのインドテイストはエキゾチックという程度のフレーバーだと思います。
私一押しアルト・サックス奏者のマハンサッパのこれは、通して聴くとどうも一本調子なので、私的にはもうひと工夫ほしいと思いました。

TBさせていただきます。

>いっきさん

TBどうもありがとうございます。

曲ごとにこういう内容の曲、と表現はしづらいですけれども、けっこう好きなサウンドで、サックスにフュージンスキーのギターが絡むと、妙にマッチするなあ、と思いました。ベースとドラムスのメンバーも強力なので、けっこう楽しんで聴けました。他のリーダー作も機会があったら聴いてみたいと思います。

こちらからもTBさせていただきます。
マハンサッパとフュージンスキーがバッチリの相性ぶりで、なかなかいい感じで楽しめました。
ロックやファンク調の楽曲であっても、ワイスがあえてジャズ・ドラミングで押し通しているのもグッドだったです。
これでもう一つ何かのアイデアが加わっていれば、さらに面白かったのになあと思いました。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

はじめて聴いたサックスでしたが、フロントはやっぱりこの2人でしょ、というくらい合っていたような気がします。コメントいただいたお2人とも、もう少しこうすれば、というのがあったということは、他のリーダー作、ますます気になりますね。

変拍子メカニカル・ファンク・ジャズ 良い表現ですね(^^)

個人的には、Rudresh Mahanthappa買いです。これで6枚目です(笑)

David Fiuczynskiも超個性の人なので、2人の相乗効果という意味では、"もうひと工夫"、"さらに面白かった"という一文も納得できますが、これはこれで相当とんがった演奏を楽しめたと個人的には感じでおります。

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

>変拍子メカニカル・ファンク・ジャズ

何だか思った通りに書いたのがキャッチフレーズみたいになったようで(笑)。でも、そんなかんじですよね。メロディで聴かせる部分もあるけど、フレーズでたたみかけるように攻めてくる感じで。

こうなってくると、他のアルバムも気になってしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/56965036

この記事へのトラックバック一覧です: Gamak/Rudresh Mahanthappa:

» ルドレシュ・マハンサッパの新譜 [「いっき」のJAZZあれこれ日記(ブログ)]
フォローしているアルト・サックス奏者の新譜を紹介します。 ルドレシュ・マハンサッ [続きを読む]

» Rudresh Mahanthappa / Gamak [Jazz&Drummer]
Rudresh Mahanthappa(As) David Fiuczynski(G) Francois Moutin(B) Dan Weiss(Ds) Rec. April 2-3, 2012, NY (ACT 9537) ルドレシュ・マハンサッパはピアノだけではなくギター入りの編成も気に入... [続きを読む]

» Rudresh Mahanthappa Gamak [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
Rudresh Mahanthappaとの馴れ初めは、MSG名義の Tasty! というアルバムを店頭で聴いて気に入って買い込んできたところから始まります。 リーダーかそれに近い位置にいるアルバムだけでも下記の通りに聴きまくっています。 2011年が参加アルバムがたくさんリリースされていたことになりますが、2012年は、もしかして1枚もリリースされてないかもしれません。  Mauger Beautiful Enabler (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan..... [続きを読む]

« これからの部屋の使い方 | トップページ | Retro/Gary Willis »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト