私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ジャズ批評2013年1月号(171号) 特集 ローランド・カーク大全集 | トップページ | クイヴァー~三人主義/ロン・マイルズ、ビル・フリゼール、ブライアン・ブレイド »

2012/12/30

KENSO COMPLETE BOX

Kensocomplete
最初にKENSOを知ったのは、「夢の丘」のアルバムが、Jazz Lifeかスイングジャーナルに新譜紹介で掲載されていた時です。さっそく購入。世間ではデビュー時からプログレ扱いされていたようですけど、この当時はフュージョンのジャンルにも食い込んでいたおかげで、この素晴らしいサウンド世界に接するようになりました。結果的には、私、ここのアルバムの未発表演奏以外はすでに持っているんですよね。それでも買いたくなってしまったのは、最初が学生時代の自主制作盤からはじまって、どんどん発展したこと、ご本人は歯医者さんという、別な職業が本職だったこともあり、自分と重ね合わせてしまう部分が多かったからかもしれません。100ページを超える解説も読みたかったし。マニアックなサウンドですけど、プログレとしてもロックとしても独自のサウンドは確立しているし、好きな人、比較的多いんじゃないかな。

(追記)本来だったら1枚1枚紹介していくべきなんでしょうけれども、3枚はブログに掲載しているし、今回のBOXに添付のブックレットがかなり詳しい紹介なので、ここではまとめての印象だけの紹介にさせていただきます。


KENSO COMPLETE BOX(King Records) - 「Kenso」(’80年)「Kenso 2」(’82年)「Kenso (3rd)」(’85年)「スパルタ」(’89年)「夢の丘」(’91年)「エソプトロン」(’99年)「天鵞絨症綺譚(びろうどしょうきたん)」(’02年)「うつろいゆくもの」(’06年)「イン・コンサート」(’86年ライヴ)「ケンソー・ライヴ92」(’92年ライヴ)「Zaiya Live」(’96年ライヴ)「隠匿無用」(未発表CD)」「比類なき生態」(未発表DVD)

ついにKENSOのBOXセットが出ました。未発表も入れて12種(CD13枚、DVD1枚)の紙ジャケでのセット。値段も定価で36,750円とけっこうはりますが、現在廃盤になって高値で取引されているアルバムもあり、またデジタル・リマスターとSHM-CDで音も良くなっていることもあって、KENSOファンにはお買い得かも。収録時間はトータルで665分だそう。また、主に本人による解説のある100ページ超のブックレット付きと、かなり丁寧な作りになってます。初期(学生時代)の自主制作盤から、その後プロのミュージシャンをメンバーに加えてどんどん発展していくのが流れでとらえられるけど、ライヴで演奏されて印象に残る曲は何度も取り上げられていたり。リーダーの清水さんは曲作りやサウンドが独特で、それが牽引力になってます。(12年12月26日発売)

« ジャズ批評2013年1月号(171号) 特集 ローランド・カーク大全集 | トップページ | クイヴァー~三人主義/ロン・マイルズ、ビル・フリゼール、ブライアン・ブレイド »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

ロック・ポップス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/56422557

この記事へのトラックバック一覧です: KENSO COMPLETE BOX:

« ジャズ批評2013年1月号(171号) 特集 ローランド・カーク大全集 | トップページ | クイヴァー~三人主義/ロン・マイルズ、ビル・フリゼール、ブライアン・ブレイド »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト