私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« HBC/Scott Henderson/Jeff Berlin/Dennis Chambers | トップページ | フロム・ヒア・トゥ・ゼア/桑原あい トリオ・プロジェクト »

2012/11/23

Resume/Ebarhard Weber

2051
ECMレーベルのCDが1枚だけ届いたので、順番を変えて、先に聴きます。エバーハルト・ウェーバーの、ある意味これも未発表集。というのも彼は’07年に脳梗塞で倒れていたので、新譜ではないだろうなあ、と予想してました。ジャケットをパラパラとめくってみると、奥さんのマヤ・ウェーバーのイラストが何点かありました。今回のジャケットも彼女の作品にすればいいのになあ、と思ったのですが、最近はレーベルカラーに合わないのか。さらに気になる表記が。Paintings by Maja Weber(1942-2011) 。奥さんは昨年亡くなっていたんですね。残念。最近未発表演奏をECMがよく出してますけど、まだまだありそうです。


Resume/Ebarhard Weber(B, Key)(ECM 2051)(輸入盤) - Recorded 1990 - 2007. Jan Garbarek(Ss, Ts, Selje Fl on 6, 8, 10), Michael DiPasqua(Ds, Per on 9, 11) - 1. Liezen 2. Karlsruhe 3. Heidenheim 4. Santiago 5. Wolfburg 6. Amsterdam 7. Marburg 8. Tubingen 9. Bochum 10. Bath 11. Lazise 12. Grenoble

(12/11/22)全曲エバーハルト・ウェーバーの作曲で、一部の曲は多重録音を同期させた演奏のライヴ(?)録音。’07年に脳梗塞で倒れているので、’90年からその時期までの演奏を集めたものとなります。エフェクターのかかったアコースティック・ベース(かかっていないものもありますが)をメインに据えた、シンセサイザーその他の楽器も絡む重厚な演奏は唯一無二のものだっただけに、今回の未発表音源の発売はうれしいところ。どの曲も2-5分台で、収録時間は47分ほどなのはやむを得ないところ。ECMの過去のリーダー作とも曲目はダブってはいないようです。いろいろな時期の演奏があると思いますし、ヤン・ガルバレクまたはマイケル・ディ・パスクァの参加しているデュオの演奏も5曲ありますが、統一性がとれています。

« HBC/Scott Henderson/Jeff Berlin/Dennis Chambers | トップページ | フロム・ヒア・トゥ・ゼア/桑原あい トリオ・プロジェクト »

ECM2051-2101番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/56167261

この記事へのトラックバック一覧です: Resume/Ebarhard Weber:

« HBC/Scott Henderson/Jeff Berlin/Dennis Chambers | トップページ | フロム・ヒア・トゥ・ゼア/桑原あい トリオ・プロジェクト »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト