私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Enfants Terribles/Lee Konitz/Bill Frisell/Gary Peacock/Joey Baron | トップページ | ムク/田村夏樹/藤井郷子 »

2012/11/01

フォーエバー/ガトー・リブレ

Gatoforever
藤井郷子さん関連のアルバムを2日続けて紹介。実はこのアルバムが7月に出ていたことを知らなくて、10月に届いたメルマガの発売の記述を見て、あわてて購入した次第。特にこのアルバムは’11年9月に急逝された是安則克さんの直前のあたりの記録でもあるので、貴重です。サウンドは、ジャズっぽくはなく、インプロヴィゼーションなんだろうけれども淡々とした渋い語り合いに近いもので、なかなか他では聴くことのできないものです。メンバーが代わると、もしかするとこの音世界はできないんじゃないか、という微妙なバランスなので、残念な気持ちもあります。なかなか渋いです。


フォーエバー/ガトー・リブレ(Libra Records)
Forever/Gato Libre(Libra Records) - Recorded September 14, 2011. Natsuki Tamura(Tp), Satoko Fujii(Accordion), Kazuhiko Tsumura(G), Norikatsu Koreyasu(B) - 1. Moor 2. Court 3. Hokkaido 4. Waseda 5. Nishiogi 6. Japan 7. World 8. Forever

グループでは5枚目のアルバムで、この録音と同じ9月にベースの是安則克は急逝。このメンバーではラストの録音。ライヴで、全曲田村夏樹の作曲。ミディアム・テンポの曲ばかり(4ビートではない)なのは楽器編成からか。ちょっとエキゾチックで明るめなメロディの、淡々と落ち着いて進行していく1曲目、分かりやすいメロディとリズムで、懐かしさをなぜか感じる歩くような2曲目、静かなメロディから、各楽器の語り合いになったり発展していく3曲目、ちょっと幽玄な雰囲気もある4曲目、やや哀愁があって不安定なエキゾチックさも垣間見せる5曲目、楽器同士の静かなやり取りが淡々と続いていく6曲目、静かながらベースのアルコのメロディがあたりを照らすような7曲目、楽器の語り合いが乾きを癒すようにしみこんでくる8曲目。(12年7月14日発売)

« Enfants Terribles/Lee Konitz/Bill Frisell/Gary Peacock/Joey Baron | トップページ | ムク/田村夏樹/藤井郷子 »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/56019590

この記事へのトラックバック一覧です: フォーエバー/ガトー・リブレ:

« Enfants Terribles/Lee Konitz/Bill Frisell/Gary Peacock/Joey Baron | トップページ | ムク/田村夏樹/藤井郷子 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト