私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Music For The Films Of Buster Keaton, The High Sign/One Week/Bille Frisell | トップページ | Nashville/Bill Frisell »

2012/09/02

Quartet/Bill Frisell

Billquartet
ビル・フリゼールのリーダー作旧譜聴き7日目。このアルバムでメンバーチェンジをして、「クァルテット」というアルバムタイトルをつけたのですが、このメンバーではこの1枚っていう感じになってしまったみたいです。でも、ベースもドラムスもない変則編成で、けっこう聴かせるのはやはり彼だからか、という気もしています。ブログでは取り上げなかったけれども「Have A Little Faith」あたりでアメリカン・ミュージックを取り上げているし、だんだん彼の指向性が変わってきている時期にもなるかと思います。これ以後も淡々としたサウンドになって行きつつありますが、もう、ジャズだ、ロックだという前に、「彼のサウンド」になってしまっていますね。


Quartet/Bill Frisell(G)(Noneshch) - Released 1996. Ron Miles(Tp, Piccolo Tp), Eyvind Kang(Vln, Tuba), Curtis Fowkes(Tb) - 1. Tales From The Far Side 2. Twenty Years 3. Stand Up, Sit Down 4. Convict 13 5. In Deep 6. Egg Radio 7. The Bacon Bunch 8. Prelide 9. Bob's Monster's 10. The Gallows 11. What? 12. Dead Ranch 13. Coffaro's Theme

全曲ビル・フリゼールの作曲ないし共作。CDの曲の大部分は、すでにTVアニメや映画等のBGMや挿入歌として発表されたものらしいですが、ドラムとベースが今回はメンバーにいなくて、基本的にギターとホーン3人というのも特色(時にチューバではなくてヴァイオリンの演奏も)。それで「クァルテット」というタイトルをつけるところはニクいです。このような曲が使われているTVアニメや映画を見てみたいと思います。曲はそういう目的のために作られているにも関わらず、また編成も特殊なのにも関わらず、陽気で牧歌的な曲があったり、不安感をあおるようなサウンドの曲があったりと、いつものフリゼール節を聴くことができます。3曲目のように、リズム楽器がなくてもリズムを感じるものも。ホーンのアンサンブルが心地良く響きます。

« Music For The Films Of Buster Keaton, The High Sign/One Week/Bille Frisell | トップページ | Nashville/Bill Frisell »

ジャズ」カテゴリの記事

ロック・ポップス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/55561735

この記事へのトラックバック一覧です: Quartet/Bill Frisell:

« Music For The Films Of Buster Keaton, The High Sign/One Week/Bille Frisell | トップページ | Nashville/Bill Frisell »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト