私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Rava On The Dance Floor/Enrico Rava | トップページ | Alone Together/Pat Martino With Bobby Rose »

2012/09/06

Move/上原ひろみ

Ueharamove
上原ひろみのトリオプロジェクトの第2弾。彼女みたいに、ジャズ・フュージョンの枠を超えて広くファンを持っているミュージシャンは、ここまでマニアックに難しい演奏をしても大丈夫なのか、と思えるのですが、分かりやすいメロディの部分もあるし、変拍子と速いパッセージで攻めまくる場面も、案外素直に受け取れるのかなあ、なんてことを思いました。はっきり言って、聴く人を選ぶアルバムとも思ったのですが、考えすぎかも。もちろん、ハードコア・フュージョンのような面もあって、そっち方面が好きな私には、かなりいいアルバムとなりましたが。他の人の意見をいろいろ読んでみたいアルバムとなりました。なおアルバムコメントはこんな曲です、という紹介で、批評とかレビューには全然なってませんので、ご了承ください。


Move/上原ひろみ(P、Key)(Telarc Jazz)
Move/Hiromi Uehara(P, Key) - Recorded April 18-21, 2012. The Trio Project featuring: Anthony Jackson(B), Simon Phillips(Ds) - 1. Move 2. Brand New Day 3. Endeavor 4. Rainmaker Suite Escapism: 5. Reality 6. Fantasy 7. In Between 8. Margarita! 9. 11:49PM

全曲上原ひろみの作曲。このトリオでは2枚目。さすがベテラン勢なので、スゴい演奏。そのかわり、けっこうマニアックになった気も。普通に演奏しても爆発する場面が。タイトル曲の1曲目から変拍子でこれでもかと攻めまくるエネルギーは見事。ワルツでしっとりとはじまったかと思うと、盛り上がりの見せ場もある2曲目、エレキピアノからアコースティック・ピアノになってカチッとしたリズムで進行する3曲目、しっとりとしたメロディックな出だしとスリリングな展開の4曲目、変拍子での急速調のテーマで息もつかせぬスピード感の5曲目、しっとりとメロディアスなバラードの6曲目、再びスピーディに攻めまくる哀愁メロディの7曲目、割とドシッとした変拍子ファンクがカッコいい8曲目、ドラマチックな進行で静にも動にもなる11分台の9曲目。(12年9月5日発売)

« Rava On The Dance Floor/Enrico Rava | トップページ | Alone Together/Pat Martino With Bobby Rose »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

いやあ本作は素晴らしかったです。
上原のベストアルバムはどれかと問われたら、私は迷わずこれにしますね。
もう1曲目「Mobe」から完全にノックアウトでした。

こちらも記事リンクさせていただきます。
http://narymusic2010.blog90.fc2.com/blog-entry-2578.html

こんばんは。
いやはや凄い演奏でした。
トリオの一体感もかなりのレベルですよね。
出るまでは「またこのトリオで大丈夫かな?」と実は思っていましたがあっさり打ち砕かれました(笑)。
サウンドはジャズからはみ出てますが、演奏の中身はジャズ以外の何物でもないと思っています。
次はこのトリオのライブ盤を出してほしいです。
テラークは録音スタッフ同行させてるのかな?
世界中のライブ演奏から厳選してアルバムにすれば凄いものが出来るのではないかと思います。
TBありがとうございました。
私からもTBさせていただきます。

>naryさん

記事へのリンクどうもありがとうございます。

過去、何回もベストアルバムにしていた私としては、それ以上のものができてしまったので、今年のベスト3などの選択に困ってしまう事態となってしまいました(笑)。それで年末にまたうれしい悩みを抱えることにします。

>いっきさん

TBどうもありがとうございます。

確かにインプロヴィゼーションのやりとりであそこまでスゴいことになっているので、ジャズですよね。彼女だけの路線でこのまま突っ走って行って欲しいです。

実際に、広い層にこういう音楽が聴かれているって、うれしいですね。ライヴは私も聴いてみたいなあ、と思います。

910さん、こんにちはmonakaです。
前作に引き続いたメンバー、最初ドラミングが鼻につきましたが、きくほどに慣れてきて、そうするとHiromiのピアノの良さがうきたってくるというか、フレーズ、強さに磨きがかかってきて、次はアコベとドラムも変化にとんだたたき方で演ってほしいですね。

>monakaさん

TBどうもありがとうございます。っと、TBが入ってなかったので、お時間ある時にすいませんがまたお願いします。

確かにドラムスはロック的な叩き方をする人なので、クセがあるのですが、3人が奔放に演奏をしつつ、見事に合わせてバッチリというところを聴かせてくれたので、満足度は高かったです。

テクニックだけじゃなく、しっかりと歌心を持った演奏は、本当に脱帽ものです。
これまでがとても良い感じに成長を続けてきているので、これからがとても楽しみです。
そして、おまけのDVDがこれまた凄い演奏で..

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

あの怒涛のテクニックの中で、確かに歌心もけっこうでてきてますね。同じメンバーが続くかどうかは分からないですが、次回作も楽しみになってきます。たぶん期待を裏切らないかと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/55594636

この記事へのトラックバック一覧です: Move/上原ひろみ:

» いやはや何ともエネルギッシュ! [「いっき」のJAZZあれこれ日記(ブログ)]
上原ひろみ待望の新譜が発売されました。 上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクトの『 [続きを読む]

» Hiromi Move [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
ここのところ、NYでも一気に知名度が上がってきているようで活躍と躍進ぶりには目を見張るものがあります。 リーダーアルバムリリースも1年1枚はコンスタントにだすペースができているようで、この新作は、昨年3月リリースの前作( Voice (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/60514266.html))と同じ2人を従えたピアノトリオ作品となります。 ということでメンツは以下の通り。 Hiromi(P)、Anthony Jackson(B)、Simon Ph..... [続きを読む]

« Rava On The Dance Floor/Enrico Rava | トップページ | Alone Together/Pat Martino With Bobby Rose »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト