私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Move/上原ひろみ | トップページ | Planet Microjam/David Fiuczynski »

2012/09/11

Alone Together/Pat Martino With Bobby Rose

Patalone
8月中旬には発売され、届いたのが先月末だったのですが、改めてクレジットを見ていると、’70年代の録音で新譜ではないではありませんか。演奏内容も、パット・マルティーノのソロは聴きたいんだけど、けっこう録音が粗く、バッキングのコードを弾いているギターがうるさく目立ってしまっていて、果たして今になってこの録音を発表するにふさわしいのかどうか、なんてことも気にしてしまいます。少し2人のキャラクターの違いも分かるものの、割と似ていて、これまた聴いていて何が何だか状態でもあるし。まあ、こういう記録もありましたってことでは、オリジナルやスタンダード等、聴いてみてもいいんじゃないかと思うのですが。


Alone Together/Pat Martino(G) With Bobby Rose(G)(High Note)(輸入盤) - Recorded 1977-1978. 1. Four On Six 2. Alone Together 3. What Are You Doing The Rest Of Your Life 5. Sunny 6. Left..Or Right 7. One For My Baby 8. Israfel

(12/09/10)ギターのデュオのアルバム。パット・マルティーノ作(Azzara名義)が3曲(5-6、8曲目)で、他はジャズメン・オリジナルやスタンダード。聴いた感じ、あまり打ち合わせのないセッション的な要素が強くて、片方がソロをとって片方がバッキングにまわるパターンが多く、またマルティーノがメインで弾いているのか、2人の個性が似ているのか、2人の区別が私には、聴いていても少し分かりにくかったでした。勢いのある曲は、バッキングはコード奏法でジャカジャカ弾いているパターンが目立っていて、ちょっとバッキングの方が目立っている感じ。太い弦での速いパッセージも絡んだソロはなかなかで、これを聴く価値はあると思うけれど、そのバッキングのコード奏法が目立つ粗さなど、好みはある程度分かれるかもしれません。

« Move/上原ひろみ | トップページ | Planet Microjam/David Fiuczynski »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました。
アマゾンに頼んでから、工藤さんのブログを拝見して愕然としました。先に見とけばよかったと。
お陰様で、聴いたときは「案外いけるなあ」という感じです。

>kenさん

TBどうもありがとうございます。

こういう古い私家録音(?)も、時に情報なしに出てくるのですが、新譜ではなかったにしても、またちょっとがっかりでも、マルティーノの音源を聴けたのは良かったです。

やっぱり聴いている時の音質のせいか、自分のコメントを見ても2人のギターの聴き分けがうまくできなくて混乱してますね。もう1度聴いてみようかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/55631185

この記事へのトラックバック一覧です: Alone Together/Pat Martino With Bobby Rose:

» Pat Martino: Alone Together(1977-78) デュオという名のソロ [Kanazawa Jazz days]
 最近は古いLPレコードに熱を上げているのだけど、新しい録音も最低限の目配りをしている(積り)。  先日、マルティーノの新譜を見つけてあわてて買ったのがコレ。到着前に工藤氏のブログを見て愕然。古いプライヴェート録音で音質も今ひとつ。あれまあ。  そんな訳...... [続きを読む]

« Move/上原ひろみ | トップページ | Planet Microjam/David Fiuczynski »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト