私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Down Stretch/Eddie Gomez | トップページ | Mezgo/Eddie Gomez »

2012/08/15

Gomez/Eddie Gomez

Eddiegomez
エディ・ゴメスのリーダー作旧譜聴き2日目。これが出た時はまだCDが普及していなくて、値段も3,800円(消費税がなかった昭和時代ですね)。少ないCDを聴きこんでいた時代の1枚です。メンバーがスゴいのと、デジタルっぽい印象のトリオだったので、内容も割とはっきり、今でも覚えていました。それでもゴメスの趣向なのかどうなのか、ゲストが一部の参加、というのはまあいいのですが、ピアノ・トリオとしての録音は3曲だけで、あとは臨機応変に1人抜けたりしての演奏。そこが音的にちょっと内省的な部分も目立つかな、という印象。もちろんフュージョンっぽいサウンドもありますけどね。


Gomez/Eddie Gomez(B)(Denon) - Recorded January and February 1984. Chick Corea(P, Key, Synth), Steve Gadd(Ds), Kazumi Watanabe(G on 2, 6, 9), Yasuaki Shimizu(Ts on 8) - 1. Dabble Vision 2. Santurce 3. A Japanese Waltz 4. Zimmermann 5. Mez-Ga 6. Ginkakuji 7. Pops And Alma 8. Row, Row, Row Your Tones 9. We Will Meet Again

日本録音。エディ・ゴメス作ないし共作は1-2、4-5、7-8曲目、チック・コリア作ないし共作は3-4、6曲目、ビル・エヴァンス作が9曲目。曲によって渡辺香津美らも参加。逆にデュオも。ここでも思索的な曲もフュージョン的な曲も出てきます。そのかっちり度合いがあらわれている1曲目、メロディアスでボッサ的な2曲目、穏やかだけれども日本的ではない気もするワルツの3曲目、武満徹に捧げられたピアノとのデュオバラードの4曲目、フュージョン的なビートでのドラムスとのデュオのノリの良い5曲目、エレキ・ピアノとシンセが心地良い、フュージョンのドラマチックな展開の6曲目、しっとりとした情景の、ピアノとの静かな7曲目、サックス・トリオでけっこうジャズ的な展開の8曲目、アコースティック・ギターとの相性が抜群の9曲目。

« Down Stretch/Eddie Gomez | トップページ | Mezgo/Eddie Gomez »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/55422041

この記事へのトラックバック一覧です: Gomez/Eddie Gomez:

« Down Stretch/Eddie Gomez | トップページ | Mezgo/Eddie Gomez »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト