私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Hirundo Maris/Arianna Savall/Petter Udland Johansen | トップページ | ブラッド・メルドー・トリオ@サントリー・ホール »

2012/07/24

Canopee/Dans Les Arbres

2278
ECMレーベルも、手元にあるのは一段落。このアルバム、ジャズの範疇に入ってますが、環境音楽的非イディオム系のゆったりフリーという感じで、このサウンドはこのグループの前作とあまり変わらないような気がしてます。ただ、こういうサウンドは、やはり音と向き合うというスタンスで、音楽を聴く、という感じではないようで、それで聴く人を選ぶという言葉を使わせていただきました。ECMの中では、それほど珍しいサウンドではないのですけど。でも、一般的な観点から見たら要注意盤、ってことにはなりそうです。逆にこういうサウンドだからいいんだ、という方も一定数、いそうではあります。


Canopee/Dans Les Arbres(ECM 2278)(輸入盤) - Recorded June 2010 and April 2011. Xavier Charles(Cl, Harmonica), Ivar Grydeland(G, Banjo, Sruti Box), Christian Wallumrod(Prepared P, Harmonium), Ingar Zach(Gren Cassa, Per) - 1. La Fumee 2. L'Emanation 3. La Vapeur 4. La Buee 5. L'Ether 6. Le Vertige 7. L'Immateriel 8. Les Cimes 9. La Brume 10. La Transparence

(12/07/23)「Dans Les Arbres」(ECM 2058)に続く2枚目。以前はアルバムタイトルだったのが、今回はグループ名に。作曲者も全曲グループ名。温度感が低い感じの、静かな局面の多い空間的なさうんど。エレクトロニクスの表記はないものの、その影響を感じさせるほとんどが非イディオム系のフリーの音楽です。ゆったり感はあってもかなり硬派な感じで、聴く人を選ぶアルバム。時おり重低音も出つつ、ゴーン、ゴーンと物音が漂うように流れてます。その中で出てくる音の組合せの妙があって。これがフリージャズかというと、その範疇を飛び出している感じがあるも、メロディというものがまずないにしても、ECM的な音と言えば、なるほど、と思えるような世界。ちょっと重苦しい、緊張感のあるサウンドの世界が、ゆっくり漂ってます。

« Hirundo Maris/Arianna Savall/Petter Udland Johansen | トップページ | ブラッド・メルドー・トリオ@サントリー・ホール »

ECM2251-2300番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/55269487

この記事へのトラックバック一覧です: Canopee/Dans Les Arbres:

« Hirundo Maris/Arianna Savall/Petter Udland Johansen | トップページ | ブラッド・メルドー・トリオ@サントリー・ホール »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト