私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Springfever/Joachim Kuhn | トップページ | Dario Castello/Giovanni Battista Fontana/Sonate Concertate in Stil Moderno »

2012/04/22

Sunshower/Joachim Kuhn Band

Joachimsunshower
ヨアヒム・キューン過去盤聴き2日目で、一段落。こちらの方が昨日のアルバムより2年あとの録音になりますが、ギターにヤン・アッカーマンが加わっていたり、メンバーの顔ぶれを見ると、フュージョンとかファンクとかを通り越してロックのジャンルではないのかなあ、と思います。それでも全曲キューン作曲なので、ある意味統一感はとれているし、ここでもこだわりのソロ・ピアノの曲を1曲取り入れたりして、他の時期から見て彼らしい面ものぞかせています。まあ、この時期多くのミュージシャンがこっち方面に走っていたこともあるし、それゆえ音楽性が発展したという面もありますし。個人的にはこういうアルバムも好きなので、聴けてよかったですが。


Sunshower/Joachim Kuhn(Key, P, Synth, Org) Band(Wounded Bird)(輸入盤) - Recorded March 1978. Jan Akkerman(G), Ray Gomez(G), Tony Newton(B), Glenn Symmonds(Ds), Willie Dee(Vo on 4 and 5) - 1. Orange Drive 2. O.D. 3. Shoreline 4. You're Still On My Mind 5. Midnight Dancer 6. Short Film For Nicki 7. Sunshower 8. Preview

(12/04/21)全曲ヨアヒム・キューン作曲で、4-5曲目の作詞のみ他者。このアルバムはファンクがどうこう言うよりは、よりロックに近い位置にあるアルバムなんじゃないか、と思います。プログレ的な要素も1曲目にあるし。けっこう過激にパワーで進むところもあれば、3曲目以降、ややソフトな路線の曲もあったり、4-5曲目のヴォーカル曲は、聴くとポップスになっているし、幅広い音楽性を持っています。でもピアノのキューンのところを聴くと、速弾きながらキラキラしていて、やっぱり彼の演奏なんだな、ということが分かります。5曲目の方がよりロック・ファンク的。ここでも6曲目にアコースティックのソロ・ピアノ曲があるのは彼のこだわりか。7曲目のタイトル曲はややなだらかで当時のメロディアスなフュージョン風から盛り上がります。

« Springfever/Joachim Kuhn | トップページ | Dario Castello/Giovanni Battista Fontana/Sonate Concertate in Stil Moderno »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

ロック・ポップス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/54526516

この記事へのトラックバック一覧です: Sunshower/Joachim Kuhn Band:

« Springfever/Joachim Kuhn | トップページ | Dario Castello/Giovanni Battista Fontana/Sonate Concertate in Stil Moderno »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト