私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ウィルコムプラザの対応のまずさ | トップページ | Floratone 2 »

2012/04/08

Permutation/Enrico Pieranunzi

Enricopermu
エンリコ・ピエラヌンツィはほとんど追っかけしてなかったですけど、今回スコット・コリーとアントニオ・サンチェスとのトリオに替わったということで、買ってみました。なかなかいいですね。メルドーほどには過度な期待をしていなかったせいかもしれませんけど、もっとこうであれば、と思うところがなく、満足度は高いです。特にアントニオ・サンチェスが予想以上の活躍で、2曲目などのように本当だったら静かな曲だよね、というところで自然な形で、手数多く盛り上がりに持っていってしまうので、聴きどころは多かったでした。時おり出てくるピアノの美旋律と合わせて、割ときっちりとしながらも盛り上がりが多い感じに仕上がっています。


Permutation/Enrico Pieranunzi(P)(Cam Jazz)(輸入盤) - Recorded November 17-20, 2009. Scott Colley(B), Antonio Sanchez(Ds) - 1. Strangest Consequences 2. Critical Path 3. Permutation 4. Distance From Departure 5. Horizontes Finales 6. Every Smile Of Yours 7. Within The House Of Night 8. The Point At Issue 9. A Different Breath

(12/04/07)全曲エンリコ・ピエラヌンツィの作曲。トリオのメンバーも一新した’09年録音。美しい旋律の曲もありますけど、元気でアグレッシヴな曲もあります。それが全開できているのが1曲目で、トリオの新鮮さもあって、けっこう自由に飛翔している、という印象。8分の6拍子で温度感が低いサウンドながら後半活発さを見せる2曲目、テンポのあるフリーインプロヴィゼーション的なタイトル曲の3曲目、じっくり沈み込むような冷たいバラードの4曲目、情念とクールさが折り重なっていてラテンテイストもある5曲目、淡い明るさも盛り上がりもある割と美旋律のワルツの6曲目、内面を見つめつつしっとりとしたバラードの7曲目、ミディアム・テンポながらけっこうテンションの高い演奏の8曲目、哀愁の感触もあるメロディがまたいい9曲目。

« ウィルコムプラザの対応のまずさ | トップページ | Floratone 2 »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

910さん、こんにちはmonakaです。
久しぶりのピエラヌンツィでしたが、リズムととても若々しい演奏で、驚きました。
TBさせていただきます。

>monakaさん

TBどうもありがとうございます。

バックの新しい顔ぶれもいいし、エンリコ・ピエラヌンツィのぶれないというか、静から動までの演奏がなかなか素晴らしかったでした。これは何回も聴いてしまうかもです。

こちらからもTBさせていただきます。
本作は過度な期待をしていても、それ以上に素晴らしかったですよ(笑)。
ここまでカッコいいことをやられてしまっては、もう何の文句もつけようがないです。
何かと忙しいコリーとサンチェスなので、トリオを維持するのは大変でしょうが、もう2~3枚はぜひとも聴いてみたいです。

910さん、TBどうも。これはライブで見たい演奏ですね。このメンバーで来日しないかしら。せめて、次のアルバムを出してほしいものです。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

やはりピエラヌンツィはベテランの味というか、自信というか、そういうものを持っていて、それでこのバックとですし、これはなかなかでした。全曲オリジナルでも不安どころか安心感の方が先に立つのはどうしてだろう、と思うくらいです。次があることを期待します。

>madameさん

TBどうもありがとうございます。

皆忙しいメンバーなので、来日はどうかしら、とは思うのですが、このトリオでライヴを1回聴いてみたいですよね。どんなにスゴいことになっていくのか。せめてあと数年はこのメンバーでいってほしいと思います。

工藤さん,こんばんは。TBありがとうございました。

このアルバムは優れた作品ですが,私はこのアルバムだけでこのトリオの真価は評価はできないと思っていて,是非最低でももう一作はこのメンツでアルバムを作って欲しいと思っています。

ただ,正直なところ,アルバムとしては"Dream Dance"の方が上だろうとは思っていますが...。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。

実は「Dream Dance」をまだ聴いてないのですけど、複数の方がこれとの比較を言及されていて、気になったのでさっそく今日注文しておきました。到着は他のCDの関係もあって来月初旬になりそうです。

やっぱりこのメンバーで次回作、期待してしまいますよね。

910様
こんばんは。この人は基本的な質の高さ、迫力みたいなものがありますよね。久々に聴くと圧倒されます。長くハマるタイプの人ではないのですが、毎回期待に応えてくれる感じで今回も素晴らしいと思いました。トラバさせて頂きます。

>ki-maさん

TBどうもありがとうございます。

エンリコ・ピエラヌンツィのこのトリオは期待以上のものを持ってきてくれた感じがします。そして、最高水準かどうかはともかく、皆さん厳しい評価がほとんどなかった、という点でもビックリした1枚ではありました。

愛聴盤になりそうです。

なぜか、昔から好きなスコットコリー。(笑)
したがって、普段は出遅れるピアノトリオですけど、これは結構早くから予約してたんです。なのに値段で選んだら配送が少し遅れて、やきもきしました。
分かりやすいけど、安易さは感じず、確信犯と思いつつ、哀愁にうっとり。(笑)
我ながら、やられた,って、感じでした。

そうそう、幅広くいろいろな方に好評ですよね。
なんだかんだと、、ジャズファンが求めてるものが凝縮されているのかもしれませんね。

>Suzuckさん

TBどうもありがとうございます。

Suzuckさんはコリー聴きでしたか。ピエラヌンツィは確信犯的なところ、確かにありますよね。でもそんなにわざとらしくなく、こういう方向へ持って行けるので、スゴいなあ、と思います。珍しく皆さん評価がいいですね。

こんばんは。

ゴールデンウィーク前半戦終了なのでまったりしてます。
さて、これをやっと私もブログにあげました。
コリー&サンチェスだと知って慌てて買いました。
なかなかアグレッシブなところもありつつ、従来からの抒情性もあり、すっかり気に入ってます。
コリー&サンチェスも予想通りの好演。
このトリオの新録音が聴いてみたいところです。
トラバさせていただきます。

>いっきさん

TBどうもありがとうございます。

このアルバムと、まだ聴いてない「Dream Dance」とどっちがいいのか、実はまだDream Dance聴いてなくて、明日の発送ぐらいになると思います。自分としてはコリー&サンチェス組に軍配を上げたいところですけど、早く聴いてみたいと思ってます。まあ、違った印象にはなると思います。

最近、新譜も何年か前の録音って増えてきましたね。やっぱり新録音が聴いてみたいですね。

かなり遅ればせな記事アップになりました(汗)

自身もそう片っ端からEnrico Pieranunz盤を買っているわけではありませんが、この盤も"Dream Dance"も期待以上の完成度に驚嘆しております。

皆さん書いてるように、このメンツでもう数枚アルバムを聴いてみたいところです。

TBありがとうございます、逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

今、まさに「Dream Dance」の方を聴いているところです。こちらと甲乙つけがたい良いサウンドなので、どっちがどっちとは言い難いですが、新メンバーでも何作か続いてもらいたい、と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/54419773

この記事へのトラックバック一覧です: Permutation/Enrico Pieranunzi:

» ピカピカの機能 PERMUTATION / ENRICO PIERANUNZI [JAZZ最中]
出だしからピアノ、ベース、ドラムスが塊のように走り出します。これには驚く、特にアントニオ・サンチェスの驚異的なドラミング、今まであまり認識していなかったのでこれは嬉しい。 2曲目、奏法がこれまでと違うわけではないけれど、まさに現在の演奏と呼びたいのは...... [続きを読む]

» Enrico Pieranunzi / Permutation [Jazz&Drummer]
Enrico Pieranunzi(P) Scott Colley(B) Antonio Sanchez(Ds) Rec. November 17-20, 2009, Ludwigsburg, Germany (Cam Jazz CAMJ7845) エンリコ・ピエラヌンツィがリズム隊の最強コンビであるスコッ... [続きを読む]

» ENRICO PIERANUNZI  / PERMUTATION [JAZZ & BOSSA]
ピエラヌンツィの新譜です。 鉄壁の布陣とも思えた、マーク・ジョンソン、ジョーイ・バロンのバックを一新しての アルバム。 新しいバックは、アントニオ・サンチェス(ds)、スコット・コリー(b)の新トリオ。 一聴して、バックの特にサンチェスのドラムが存在感をもって迫ってきます。 あの Dream Dance  とはまた別の躍動感あるものになってます。 ピエラヌンツィは本当に多彩で..... [続きを読む]

» 期待通りのEnrico Pieranunziの新譜 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Permutation Enrico Pieranunzi(CAM Jazz) ショップにはとっくに入ってきていたのに,なかなかデリバリーされずにいらいらさせられたEnrico Pieranunziの [続きを読む]

» Enrico Pieranunzi/Permutation [音楽という食物]
ピアノトリオですねぇ。どっから聴いてもピアノトリオですが、それでいてEnrico Pieranunziの音楽意外の何者でもない。 ザクザク入ってくる左手のバッキングも迷い無し。毛先のニュアンスも彼流。要するに全く変わらない安心ブランド健在。バックが今までのトリオと...... [続きを読む]

» Permutation / Enrico Pieranunzi [My Secret Room]
暖かい空気と冷たい空気のぶつかり合うのが春の嵐。。 強い風、、春の嵐は、胸騒ぎが [続きを読む]

» 躍動感があって良いピアノ・トリオです。 [「いっき」のJAZZあれこれ日記(ブログ)]
いつもながらのだいぶ遅れた新譜紹介です。 エンリコ・ピエラヌンツィの『パーミュテ [続きを読む]

» Enrico Pieranunzi Permutation [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
Enrico Pieranunziの新作は、若手?の新メンバーを従えた意欲作と感じています。 前回のトリオ作品 Dream Dance (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/58068132.html)も相当良かったので、本作も期待感たっぷりでの購入となっています。 と言うメンツは以下の通り。まさか、Scott Colley、Antonio Sanchezとアルバムを作るとは思いませんでした。 Enrico Pieranunzi(P)、Scott Col..... [続きを読む]

« ウィルコムプラザの対応のまずさ | トップページ | Floratone 2 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト